Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/01/19 (日)
2014年1回京都7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。ここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーンだが、週が進むにつれ、水準に近づき時計が掛かっている。
 2週目から馬場の内側がちょっと傷み始めて、その傷みの進行が早いようで、1週目と先週の3週目では馬場差が大分違う。ただし内が傷んだと言っても、内を通ったらアウトというレベルではなくて、要するにどこを通っても有利不利がない状態だったと認識したい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒6だった。ここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、6日目つまり先週の土曜日までは水準に近いレベルでの推移だったが、日曜は時計が掛かった。
 京都も土曜のダートは見た目からして黒くて、1週前の5日目と同じ馬場差だった。凍結防止剤の効果で1週前に雨で湿った部分が急には乾かなかったのだと思う。日曜は見た目からして砂が白くて土曜より乾燥していた。という事で土曜より日曜の方が時計が掛かったという事。京都にしては2週目に差しがかなり決まっていたが、先週の3週目これは先行馬の好走が目立った。ただし、先週かなりスローペースが多かった。その影響が大きいはずで、2週目と3週目で極端に馬場の傾向が違ったという事ではないと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/01/19 (日)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ガーリッシュハート    牝3 未勝利 1:49.5 +0.8 -0.2 +0.7 -0.1 93   D D
6R T1600 タガノアップ    牝3 新馬 1:36.6 +0.8 -0.2 +0.7 -0.1 93   D C
10R T1400 アドマイヤビジン    牝3 紅梅S 1:23.9 +2.2 -0.7 +1.6 -0.1 84   S D
11R T2400 サトノノブレス    牡4 日経新春HG2 2:24.4 -0.3 -0.6 -0.8 -0.1 108   B D

2014-01-19 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ケープオブホープ    牝3 未勝利 1:13.5 +0.5 ± +0.1 +0.4 99   C D
2R D1800 メイショウパワーズ    牡3 未勝利 1:54.4 +0.1 -0.4 -0.9 +1.0 109 A E
3R D1400 アブニール    牝3 未勝利・牝 1:27.6 +1.7 ± +1.2 +0.5 88   E E
4R D1800 エキマエ    牡3 500万下 1:55.2 +1.8 -0.7 +0.5 +1.3 95   D C
7R D1800 キングスバーン    牡5 500万下 1:52.8 +0.2 ± -0.4 +0.6 104   B D
8R D1400 ステイウェル    牡4 500万下 1:25.6 +1.1 ± +0.6 +0.5 94   D D
9R D1900 ベルサリエーレ    牡4 五条坂特1000 1:59.3 +0.9 ± +0.3 +0.6 97   C C
12R D1200 セイラ    牝5 1000万下 1:12.2 +0.9 ± +0.5 +0.4 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
チチカステナンゴの分かりやすさ

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。