Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/02/02 (日)
2014年1回東京2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。
 昨年の1回東京開催の開幕週が土日ともにマイナス0秒5だった。今年もほぼ同レベルだった。ただ、高速馬場という程ではなかった。それでもやはり速めの時計が出る、そういう馬場コンディションだった。位置取り・コース取りについてはやはりDコース使用という事もあって、やはりインコース、スローペースも多かったので、インコースが有利だったという事はあるかと思う。この開催は全てDコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラス0秒6だった。
 1年前を振り返って見ると、開幕週はプラス0秒4だった。ほぼ同レベル。かなり時計を要するという程ではないが、少し時計が掛かっているという感じで、冬場の東京ダートですからこれぐらいの数値になりやすい。位置取り・コース取りについては特に脚質による偏りはあまりなかったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/02/02 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ホクラニミサ    牝3 未勝利 1:35.3 -0.6 ± -0.1 -0.5 101   C B
6R T1800 ロサギガンティア    牡3 500万下 1:47.9 -0.2 -0.7 -0.4 -0.5 104 B C
8R T1800 ノーヒッター    牡4 500万下 1:47.8 +0.1 -0.7 -0.1 -0.5 101   C D
9R T2400 アドマイヤバラード    牡5 箱根特H1000 2:26.0 -0.2 -0.6 -0.1 -0.7 101   C C
10R T1600 ケイアイエレガント    牝5 節分SH1600 1:34.0 +0.4 -0.8 +0.1 -0.5 99   C D

2014-02-02 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1300 リアルモード    牡3 未勝利 1:20.2 +0.6 ± +0.1 +0.5 99   C C
2R D1400 プレジールシチー    牡3 新馬 1:27.4 +1.0 ± +0.5 +0.5 95   D C
3R D1600 デルマキャッツアイ    牝3 未勝利・牝 1:41.2 +1.7 ± +1.1 +0.6 89   E D
7R D1400 ビットアレグロ    牡5 500万下 1:26.4 +1.5 ± +1.0 +0.5 90   E C
11R D1400 ゴールスキー    牡7 根岸SG3 1:23.4 +0.6 ± +0.1 +0.5 99   C C
12R D1600 キタサンイナズマ    牡4 1000万下 1:37.1 -0.1 ± -0.7 +0.6 107 B C

         

■ワンポイントアドバイス
ゴールドアリュール産駒を狙え!

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。