Victory Road

アダルト動画

2014/02/09 (日)
2014年1回小倉2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7からプラス0秒2へと変動、日曜がプラスマイナスゼロだった。
 小倉は昨年9月1日以来の開催で、芝が生えそろっていたが、あいにく先週は雨の影響が残って、時計の掛かるコンディションでスタートした。ただ、この小倉については土曜朝の時点では天候は回復に転じていて、馬場も乾いて数値も水準の方向に近づいて行った。そして日曜日は、朝に雨が降ったが、大きく影響を及ぼす程ではなく、良馬場で水準の馬場差。同じ良馬場でも雨の影響がなければ、今週以降もっと速い時計が出ると思う。脚質面は中団・後方からの差しが目についた。日曜の前半は逃げ切りが3レース続いたが、11Rと12Rはスローペースであっても差し馬同士の決着が続いた。しかもどちらのレースでも上位馬は外を回って伸びている。なお、今週ももう1週Aコースが使用され、後半2週はBコースが使用される事になる。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒6だった。
 雨の影響で脚抜きが良かったですから、ほんとに速い時計が出るレベルだった。ダートについては土日ともに1日を通した数値になっている。差し馬同士の決着は土曜の1Rのみで、全体的に好位組の占有率が高かった。高速ダートではあったが、良馬場の小倉ダートの連対馬の脚質とほとんど変わりはなかったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/02/09 (日)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 フルールシチー    牝3 未勝利 1:09.1 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C D
4R T1800 トシザキミ    牝3 未勝利 1:48.9 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D D
5R T1200 ブルーピアス    牝5 500万下 1:08.4 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C D
7R T2600 モビール    牡6 500万下 2:40.8 +1.0 -0.5 +0.5 ±0 95   D D
8R T1200 ブルジュオン    牝4 500万下 1:09.4 +0.9 ± +0.9 ±0 91   E E
10R T1200 レムミラス    牝3 かささぎ500 1:08.9 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C D
11R T2000 コモノドラゴン    牡6 壇之浦特1000 2:01.4 +2.2 -0.6 +1.6 ±0 84   S C
12R T1800 マイネアルナイル    牝5 日田特別500 1:49.3 +2.2 -0.5 +1.7 ±0 83   S D

2014-02-09 (日)  ダ=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ウインネオルーラー    牡3 未勝利 0:58.8 -0.5 ± +0.4 -0.9 96   D D
2R D1700 メモリーシャルマン    牝5 500万下・牝 1:43.9 -1.5 ± +0.1 -1.6 99   C D
6R D1000 ジャベリン    牡6 500万下 0:57.6 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C D
9R D1700 サナシオン    牡5 500万下 1:44.5 -0.9 ± +0.7 -1.6 93   D D

         

■ワンポイントアドバイス
攻勢に転じた関東馬に注目!?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。