Victory Road

アダルト動画

2014/02/16 (日)
2014年1回小倉4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、前半2週は雨や雪の影響を受けて、マイナスの数値の日がなく特に3日目はプラス1秒台だった。しかし、先週は一転してマイナスゾーンに入った。
 前半2週と比べて乾いたコンディションで行われた事と、さらに先週からBコースに替わった事もあって、3週目にしてこの開催では最も時計が出やすいレベルになった。そもそも生えそろった芝を見れば、前回も言ったが天候が良ければ前半2週より時計が出るという事は予想ができた。今週も先週のような天候なら大きく時計を要する事はないと思う。あと脚質、インコースで先行した馬、内を突いて差して来た馬の活躍が目についた。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。こちらもまずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週はマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションだったが、先週はプラスの数値だった。
 馬場発表自体前半2週は良馬場の日がなかったのに対して、先週は土日ともに良馬場で、乾いたコンディションになった。やや時計の掛かるレベル。前半2週との比較では、コンディションは一変した。Eランクで完全タイム差がプラス2秒4という日曜1Rは論外としても、後方からがダメという訳ではないが、やはり先行・好位組が有利だった。先々週もそうだったが、後方から上位に来ていたのは、向正面ぐらいから早めに動けるタイプが多かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/02/16 (日)  芝=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 マイネパシオーネ    牝3 未勝利 1:08.9 -0.4 ± -0.5 +0.1 105   B D
4R T2000 アイスブレイク    牝3 未勝利・牝 2:01.4 +0.1 ± ±0 +0.1 100   C D
5R T1800 エイシンフランキー    牡3 新馬 1:51.5 +2.9 -1.0 +1.8 +0.1 82   S D
6R T2600 メイショウリョウマ    牡6 500万下 2:40.1 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C D
8R T1200 アドマイヤクーガー    牡6 500万下 1:08.9 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D D
9R T2000 リングネブラ    牝5 500万下・牝 2:02.8 +2.9 -0.8 +2.0 +0.1 80   S D
10R T1800 ナスノシベリウス    牝5 脊振山特500 1:48.8 +1.7 -0.3 +1.3 +0.1 87   S D
12R T1200 オレニホレルナヨ    牡5 帆柱山特1000 1:08.5 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D D

2014-02-16 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 コスモラヴモア    牡3 未勝利 1:47.5 +0.5 ± +1.6 -1.1 84   E D
2R D1000 エイシンテキサス    牡4 500万下 0:57.3 -1.2 ± -0.6 -0.6 106   B D
7R D1700 クリノアマダブラム    牝4 500万下・牝 1:45.6 +0.2 ± +1.3 -1.1 87   E D
11R D1700 サンビスタ    牝5 門司SH1600 1:43.1 -0.7 ± +0.4 -1.1 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
高速馬場ならシンボリクリスエス産駒を狙え!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。