Victory Road

アダルト動画

2014/02/22 (土)
2014年2回京都7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、Bコースに替わった今開催1週目はマイナスの数値だったが、その後2週は雨や雪の影響で時計が掛かった。しかし先週はマイナスゾーンに戻った。
 先週はこの開催2週目・3週目のように水分を含んだコンディションではなく、連続開催の最終週とは言え、マイナス方向に戻した格好。つまり高速馬場という事ではないが、2週目・3週目よりは時計が出やすくなっていた。脚質・コース取りについては、内を立ち回った馬や内を突いた馬の上位進出が目についた。外を通ると全く伸びない訳ではない。追い上げてはいるが、やはり内の馬が止まらなかったという感じがする。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、3週目まではマイナスゾーンだったが、先週はプラスの数値だった。
 プラスの数値とは言え、水準に近いレベルだが、この開催3週目までと比較すると時計が掛かっていた。土曜から日曜の前半にかけては京都らしい前有利の競馬が続いたが、日曜の午後になって突然追い込みが決まりはじめた。もちろん、この日は馬場が変動している訳ではありませんから、たまたまと考えるのが自然だと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/02/22 (土)  芝=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 サウンズオブアース    牡3 未勝利 2:02.1 ±0 ± +0.2 -0.2 98 C C
9R T1600 サクラエール    牡3 こぶし賞500 1:34.5 -0.3 ± -0.1 -0.2 101   C D
10R T2000 マデイラ    牡5 稲荷特別1000 2:00.4 +0.6 ± +0.8 -0.2 92   D C
11R T1400 アドマイヤドバイ    牡4 斑鳩S1600 1:20.8 ±0 ± +0.1 -0.1 99   C C

2014-02-22 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 エリーザベスト    牝3 未勝利・牝 1:55.3 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E D
2R D1200 ホワイトクリスマス    牡3 未勝利 1:13.6 +0.6 ± +0.5 +0.1 95   D D
3R D1800 ウエスタンパレード    牡3 未勝利 1:54.3 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
4R D1400 タマモユウトウセイ    牡3 新馬 1:26.5 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D C
6R D1400 パーティードレス    牝3 500万下・牝 1:25.9 +0.8 ± +0.7 +0.1 93   D D
7R D1200 サンライズネオ    牡4 500万下 1:11.9 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
8R D1800 トランザムスター    牡4 500万下 1:52.6 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C C
12R D1800 スプリングシーズン    牡6 1000万下 1:51.4 -0.4 ± -0.5 +0.1 105   B C

         

■ワンポイントアドバイス
ジョッキー・田辺論
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。