Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/02/24 (月)
2014年1回東京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日月全てマイナス0秒5だった。まず、8日間の馬場差を振り返っておく。開幕週はマイナス0秒6と速めの時計が出るコンディションでスタートしたが2週目・3週目は雪の影響を受け、開幕週よりも時計が掛かった。ただし、水準レベルですので、大きく時計を要した訳ではない。そして4週目は3日間全て良馬場で開幕週に近い馬場差に戻った。
 金曜正午のJRA発表によると芝は良だったが、ダートは稍重だった。つまり、良馬場と言っても乾ききったコンディションではなかったということ。その後少しずつ乾いて行った分と、3日間の開催で荒れていった分が相殺されて全て同じ馬場差になったんだと考えている。ちなみに、3日間全て芝は5鞍ずつあったが、連対馬の脚質を見ると中団・後方からの差し馬が土曜日は3頭、日曜日は4頭、月曜日は5頭と増えて行っている。たまたまかもしれないが、流石に最終週の3日間開催ですから、ジワジワと荒れて差しが効きやすくなっていたという可能性はある。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日月ともにプラス0秒5だった。まずは8日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週はやや時計の掛かるレベルでスタート、2週目・3週目は雪の影響でマイナスゾーンに入り、特に3週目はかなり脚抜き良いコンディションだったが、先週は開幕週とほぼ同じレベルに戻った。
 1週目と4週目はほぼ同じ馬場差でやや時計が掛かっていた。逆に3週目は超高速馬場。1日のみの開催だった2週目はほぼ水準から速い馬場へと変動した。この点は今後時計比較の際には注意してください。
 先週の連対馬の脚質だが、逃げあり追い込みありで多彩で、いかにも東京らしい結果になった。開催を通して馬場差は大きく変化したが、連対馬の脚質傾向については、ほとんど変わりがなかった。この点は記憶しておきたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/02/24 (月)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 レッドソレイユ    牡3 新馬 1:53.4 +4.2 -1.7 +3.0 -0.5 70 S C
6R T1400 サトノルパン    牡3 500万下 1:22.0 -0.5 -0.3 -0.4 -0.4 104 B C
8R T2400 アナンジュパス    牝5 500万下 2:26.6 -0.3 -0.8 -0.5 -0.6 105   B C
10R T1400 アミカブルナンバー    牝5 雲雀S1600 1:21.6 +0.4 -0.3 +0.5 -0.4 95   D C
11R T1800 イスラボニータ    牡3 共同通信G3 1:48.1 +0.7 -1.2 ±0 -0.5 100   C C

2014-02-24 (月)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ラナウェイビート    牡3 未勝利 1:26.8 +0.6 ± +0.2 +0.4 98   C C
2R D2100 ターフデザイナー    牝3 未勝利 2:18.1 +4.0 -0.3 +3.0 +1.0 70   E D
3R D1600 アートフェスタ    牡3 新馬 1:40.7 +0.9 ± +0.4 +0.5 96   D D
7R D1600 ケンブリッジサン    牡4 500万下 1:38.2 +0.2 ± -0.3 +0.5 103   C D
9R D1600 レッドルーファス    牡4 大島特H1000 1:37.8 +0.6 ± +0.1 +0.5 99   C C
12R D1300 マックスガイ    牡5 1000万下 1:18.7 +0.8 -0.1 +0.3 +0.5 97   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ジョッキー・田辺論
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。