Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/03/02 (日)
2014年1回小倉8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス1秒0だった。まずここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておく。前半4日間は雪や雨の影響でマイナスの数値になった日はなかったが、3週目は乾いた馬場でコース設定も変わり、時計が出やすくなった。しかし最終週の先週は再び雨の影響を受け、特に8日目は時計が掛かった。
 水曜から雨の影響が残って、土曜時点で開催3週目よりも時計が掛かるコンディションだった。加えて土曜夜からの雨で、日曜はさらに時計が掛かっていた。ただ、時計が掛かっていたとは言え、特に土曜日は前へ行って粘った馬にしろ、控えて差して来た馬にしろ、ともかく内を立ち回った馬の上位進出が目についた。前回の放送で吉岡さんも同じような事を言っていたが、最終週の先週はインコースを通った馬の活躍が一層目立った。直線では外を伸びたとしても、4コーナーまでは内を通って、そこから外に持ち出された馬が多かった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒5だった。こちらもまずは8日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週は脚抜きが良く、全てマイナス1秒台の数値。3週目は乾いてプラスの数値になったが、先週は再び雨の影響を受け、マイナス1秒台の馬場差になった。
 ほとんどのレースで逃げ馬もしくは先行していた馬のどちらかが連対していた。この開催の1週目・2週目も同じ高速ダートだったが、結構差しも決まっていたので、ちょっと傾向が変わった。とにかく開催を通じて最も先行有利だった週だと記憶しておきたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/03/02 (日)  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ビアンコカンドーレ    牝3 未勝利 1:10.4 +1.1 ± +0.5 +0.6 95   D C
4R T2000 ファシーノ    牡3 未勝利 2:01.5 +0.2 -0.3 -1.1 +1.0 111 A C
6R T1200 ケイアイヴァーゲ    牡4 500万下 1:10.0 +1.5 ± +0.9 +0.6 91   E C
7R T2000 イルミナティ    牝4 500万下・牝 2:02.3 +2.4 -0.9 +0.5 +1.0 95   D D
8R T1200 アルベルトバローズ    牡5 500万下 1:10.0 +1.5 ± +0.9 +0.6 91   E C
10R T1800 テーオーケンジャ    牡7 関門橋S1600 1:48.1 +2.4 ± +1.5 +0.9 85   E D
11R T1200 ジャベリン    牡6 周防灘H1000 1:09.0 +0.9 ± +0.3 +0.6 97   D D
12R T2600 カンタベリーナイト    牡5 呼子特別500 2:42.3 +2.5 ± +1.2 +1.3 88   E D

2014-03-02 (日)  ダ=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ハクユウカンベエ    牡3 未勝利 0:58.2 -1.1 ± -0.2 -0.9 102   C D
2R D1700 トレノカチドキ    牡3 未勝利 1:46.8 -0.2 ± +1.3 -1.5 87   E D
5R D1000 ロケットダッシュ    牡4 500万下 0:57.4 -1.1 ± -0.2 -0.9 102   C D
9R D1700 オレアリア    牡4 500万下 1:44.4 -1.0 ± +0.5 -1.5 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
阪神1週目で末脚が不発だった馬たち

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。