Victory Road

アダルト動画

2014/03/15 (土)
2014年2回中京1日目

■馬場コメント
 先週芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒6だった。4日間の開催で行われた1回開催は4日目を除いた全てマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだった。その後中6週の間隔で行われた先週は1回開催開幕週ほどの高速馬場ではなかった。
 開幕週で良馬場発表だが、先週は雨の影響が残っていた事も1回開催開幕週よりも時計が掛かっていた要因。とは言え、マイナスの数値ですし、もっと乾けば時計が出やすくなる可能性はある。脚質的には開幕週だという事を考えれば、結構差しが届いている方。ただ、外を回った馬が中日新聞杯のようにバンバン届くかという感じではなくて、先行・差し問わず馬場の3から4分どころぐらいを通った馬が有利だった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3。1400m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4。日曜1200m対象の数値はマイナス0秒3となった。1回開催と先週の6日間1800m対象の数値はマイナスになった日はないが、1回2日目を除けば、水準レベルかやや掛かるレベル。
 先週は時計の出方が比例しなかった。1800mは土曜が水準レベルで、日曜はやや乾いて土曜よりも少し時計が掛かった。一方1400mと1200mは速めの時計が出るコンディションで、マイナスの馬場差だった。ただ、土日の比較では土曜の方がやや時計が出やすかったのは1800mと同じ。なお、日曜の1200mつまり1Rと3Rの馬場差については1400mの馬場差マイナス0秒4に準拠してマイナス0秒3という馬場差を適用していただきたい。ちなみに、土曜は1200m戦はなかった。また、今週以降も分けて表示するかどうかは実際のタイムを見てみないとわからない部分はある。あと、脚質だが短距離戦だと前めにつけた馬が有利で、中距離戦なら差しが決まっていた。馬場差の違いと同じく、脚質傾向も大きく違っていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/03/15 (土)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 ミューラルクラウン    牝3 未勝利 1:35.9 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C C
5R T1400 レッドラヴィータ    牝3 未勝利・牝 1:22.9 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C D
7R T1400 ロノ    牡5 500万下 1:22.2 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D
9R T2000 ベルニーニ    牡5 500万下 2:02.6 +0.6 -0.4 +0.7 -0.5 93   D D
10R T1600 サングラス    牡3 フローラ500 1:35.4 -0.4 ± ±0 -0.4 100   C C
11R T2000 マーティンボロ    牡5 中日新聞HG3 2:01.7 +1.8 -0.5 +1.8 -0.5 82   S C

2014-03-15 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ヴォルスング    牡3 未勝利 1:56.7 +1.7 ± +1.6 +0.1 84   E D
2R D1400 ロスヴァイセ    牝3 未勝利 1:24.9 -1.5 ± -0.9 -0.6 109 A C
3R D1800 アランロド    牝6 500万下・牝 1:54.9 +1.3 ± +1.2 +0.1 88   E D
6R D1900 トゥルーフレンド    牡5 500万下 2:01.4 +1.1 ± +1.0 +0.1 90   E D
8R D1400 ホッコーマグマ    牡4 500万下 1:24.9 -0.3 ± +0.3 -0.6 97   D D
12R D1900 ブルータンザナイト    牡5 伊勢特別1000 1:59.6 +0.1 ± ±0 +0.1 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
新人騎手、活躍
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。