Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/03/16 (日)
2014年1回阪神6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒3だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、マイナスの数値だったのは開催初日だけで、雨の影響を受けた日が多くなっている。
 中山と同じで芝は土日とも良馬場発表だったが、ダートは土曜朝に重馬場でスタートしたように、芝にしても乾いたコンディションではなかった。実際、ジョッキーに取材してものめったとか馬場に足を取られたという言葉を口にする人が多かった。良馬場でも実質的には道悪だったと見るべき、馬場差も土日ともプラスの数値だった。ただ、日曜は土曜と比べれば、いくらか乾いて数値も水準に近づいた。脚質面では差しがそこそこ決まっていた先々週と比べると、先行・好位組が活躍していた。中には外から差してくる馬も居たが、基本的には先行するにしろ、差すにしろ内を通らないと厳しい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がプラス0秒1だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日が多く、1週目と先週土曜は速めの時計が出るレベルだった。また、同じ週でも時計の出方が異なり、中でも先週は数値に開きがあった。
 重馬場発表だった土曜の方が脚抜きが良くて、速い時計の出るコンディションだった。日曜は乾いて水準レベルになった。日曜は10Rまで稍重発表だったが、時計の出やすいコンディションではなかった。なお、12Rは良馬場になったが、馬場差は1日を通してのもの。ただ、ここまで3週雨の影響を受けてはいても、めちゃくちゃ時計が出やすいという日がないのも事実。脚質的には先行・好位組が圧倒的に有利だった。パサパサのダートになれば差しが届くだろうと推測し続けているが、今開催は今のところ6日間とも雨の影響を受けている。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/03/16 (日)  芝=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1800 イサベル    牝3 未勝利・牝 1:48.5 +0.1 ± -0.2 +0.3 102 C C
7R T1200 メイショウコルノ    牡3 500万下 1:09.7 +0.2 ± ±0 +0.2 100   C C
8R T1600 タツストロング    牡5 500万下 1:34.8 +0.2 ± ±0 +0.2 100   C D
9R T2200 トウシンモンステラ    牡4 淡路特別1000 2:15.5 +2.0 -0.7 +1.0 +0.3 90   S C
11R T1400 ベルカント    牝3 フィリーG2 1:22.3 +0.7 ± +0.5 +0.2 95   D C

2014-03-16 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 カゼノコ    牡3 未勝利 1:55.8 +1.2 ± +1.1 +0.1 89   E D
2R D1200 シゲルビッチュウ    セ3 未勝利 1:13.2 -0.1 ± -0.2 +0.1 102   C D
3R D1800 ネオジェネシス    牡3 新馬 1:55.7 +0.8 -0.4 +0.3 +0.5 97 C D
5R D1800 サンライズワールド    セ4 500万下 1:54.5 +1.4 -0.6 +0.7 +0.7 93   D D
6R D1400 フローズンロープ    牡3 500万下 1:25.5 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C C
10R D1400 グレイスフルリープ    牡4 播磨S1600 1:23.9 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D C
12R D1200 ケージーヨシツネ    牡6 1000万下 1:11.7 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
新人騎手、活躍
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。