Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/03/22 (土)
2014年2回中京4日目

■馬場コメント
 先週の中京は金曜・土曜の開催だった。芝の馬場差2000m対象の数値は金曜がマイナス0秒5、土曜がマイナス0秒8だった。まず、ここまでの芝の馬場差を振り返っておく。1回開催4日目は雨や風の影響で水準に近い数値だったが、この開催の4日間では4日目、つまり先週土曜がマイナス0秒8と最も時計が出やすくなっている。
 中山・阪神とは違って、先週の週半ばに雨はほとんど降らなかった。結果、金・土とも良馬場で行われた。競馬に乗っているジョッキーからも結構固い馬場ですよという声が聞こえた。ただ、金曜の馬場差は雨の影響を受けた開幕週とほぼ同じだった。その理由はわかりやすくて、明らかに風の影響。先週末は中京に行っていたが、最後の直線馬にとってはモロに向かい風だった。その後風向きはめまぐるしく変化したが、強風が時計面に影響を及ぼしたのは間違いない。多少風が弱くなった土曜はっと言ってもそこそこ吹いていたが、少し時計が速くなって、マイナス0秒8の馬場差だった。
 脚質的には直線の向かい風で逃げ・先行馬が失速してしまうのか、差し馬の活躍が目立った。ただ、外差しがバンバン決まっているのかと言えば、そこまで極端な傾向はなくて、開幕週と同様、馬場の3・4分ところを通った馬が一番有利だった。2回中京は今週が最終週になるが、競馬当日よほどの雨が降らない限り、同様の傾向が続くものと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は金曜がプラス1秒1、土曜がプラス0秒3。1400m対象の数値は金曜がプラス0秒9、土曜がマイナス0秒3。1200m対象の数値は金曜がプラス0秒8、土曜がマイナス0秒3だった。ダートもまずはここまでの馬場差を振り返っておくと、1800mではマイナスの数値だった日はなく、特に2回開催3日目、つまり先週金曜は時計が掛かっていた。
 金曜は強風の影響を受けて時計が掛かった。開幕週とは違って、先週はパサパサの良馬場で、しかも金曜は特に風が強くて、ダートコースの砂が上空に舞い上がる程でしたから、実際記者席に居たが、机の上もザラザラになっていましたし、双眼鏡までザラザラになっていたという事で、砂がこびりついて砂まみれの1日だった。よって、同じ良馬場でも金土で馬場差は大きく違う。
 金曜については、どのカテゴリでも強風の影響を受けて、結果的には1つの数値で表示しても、完全タイム差はほとんど変わらなかった。ただ、他の3日が比例しないので、数値を比較しやすいようにするために、金曜も分けて表示した。実際、金曜のような強風の影響がなかった土曜は中距離と短距離で時計の出方は比例せず、中距離はプラスゾーン。短距離は風向きの影響もあって、マイナスゾーンだった。脚質的には短距離戦は金土とも先行馬と差し馬という決着が多くて、中距離戦は金曜が差し馬、土曜は先行馬が活躍した。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/03/22 (土)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1200 レッドレイチェル    牝3 未勝利 1:10.1 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C C
6R T2000 ショウサンミーベル    牝3 未勝利・牝 2:03.0 -0.2 -0.4 +0.2 -0.8 98   C C
8R T1600 ダイワフェリス    牝5 500万下 1:34.3 -1.2 ± -0.6 -0.6 106   B D
10R T2200 エーシンデューク    牡5 熊野特別500 2:13.8 -1.6 ± -0.7 -0.9 107   B C
11R T1400 タガノグランパ    牡3 ファルコG3 1:21.2 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C C

2014-03-22 (土)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 デンコウヒノマル    牡3 未勝利 1:13.4 ±0 ± +0.3 -0.3 97   D E
2R D1800 キングオブタイム    牡3 未勝利 1:56.1 +1.1 -0.6 +0.2 +0.9 98   C D
3R D1200 サイズミックレディ    牝6 500万下・牝 1:11.9 -0.6 ± -0.3 -0.3 103   B C
7R D1800 ボップリヴァーサル    牡4 500万下 1:54.2 +0.6 ± +0.3 +0.3 97   C C
9R D1400 キングズウェザー    牡4 500万下 1:25.8 +0.6 ± +0.9 -0.3 91   E D
12R D1400 エアカーネリアン    牡6 鈴鹿特H1000 1:24.0 -0.5 ± -0.2 -0.3 102   C C

         

■ワンポイントアドバイス
阪神ダート
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。