Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/03/29 (土)
2014年2回中京5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜が設定不能だった。まずここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、5日目つまり先週土曜まではマイナスの数値で、しかもマイナス0秒8からマイナス0秒5の間で安定した推移だったが、6日目は雨が降り続き、一気に時計が掛かり、設定不能となった。
 日曜の馬場差を設定不能とした理由は阪神で述べたのと同じ。5日目までは馬場差に大きな動きはなかったので、基本的には安定したコンディションだった。なお、連対馬の脚質を見ると、土日を合わせて芝で行われた10鞍全てで中団・後方の差し馬が連対している。日曜の6鞍の内4鞍は逃げ・先行と差し馬という組み合わせで、前へ行くとダメだったという訳ではない。これが土曜と日曜では違う。日曜日は最終日でしかも雨で馬場が荒れて、先行馬でも外を回っていますし、後ろの馬はもっと外を回らざるを得なかった。馬場コンディションとコースロスを差し引きして、このような分布になったと言えるんじゃないだろうか。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス1秒4。1400m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒7。1200mは土曜のみでマイナス0秒4だった。こちらもまずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。この開催は中距離と短距離で時計の出方が比例せず、分けて表示した。1800mは5日目までプラスの数値で、特に3日目は強風の影響もあり、時計が掛かったが、6日目は雨の影響で脚抜きが良くなり、高速化した。短距離も3日目は強風のため、時計が掛かったが、それ以外の開催日はマイナスの数値だった。
 基本的には短距離の方が時計が出やすかったが、3日目は1400mも時計が掛かっている。ただ、先週土日の比較では1800mは土曜から一転して日曜に高速化したのに対して、短距離は土日で大きな開きはない。なお、1200mの馬場差については1400mに準拠した数値となっている。
 土曜は1800mがプラスで、短距離がマイナスと比例しないこの開催に特徴的な馬場差。数値としては、3日目以外とほぼ同じ。日曜は強風が吹いていたにも関わらず、1800mはかなりの高速馬場だった。表の色分けで見ると、土日でかなり傾向が変わっているように見えるが、土日の後方からの連対馬はほとんど有力馬なので、結果ほどではないと言うのが妥当かもしれない。要するに力があれば、差しでもOKというコンディションだったと言えると思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/03/29 (土)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
6R T1400 カワカミマゴコロ    牝3 未勝利 1:22.7 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C D
10R T2200 ワールドインパクト    牡3 大寒桜賞500 2:16.3 +0.5 -0.8 +0.3 -0.6 97 C C
11R T2200 トウシンイーグル    牡6 名鉄杯1000 2:15.2 +0.5 ± +1.1 -0.6 89   E C
12R T1400 エーシンサファイア    牝4 豊橋特別500 1:22.2 -0.1 -0.1 +0.2 -0.4 98   C B

2014-03-29 (土)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ヴァイセフラウ    牝3 未勝利・牝 1:13.4 ±0 ± +0.4 -0.4 96   D D
2R D1800 タガノエッヴィーバ    牡3 未勝利 1:54.7 -0.3 ± -0.5 +0.2 105   B D
3R D1800 アドマイヤキンカク    牡4 500万下 1:55.1 +1.5 -0.7 +0.6 +0.9 94   D D
7R D1800 ヴァレンティーア    牝4 500万下・牝 1:54.8 +1.2 ± +1.0 +0.2 90   E D
8R D1400 ヒラボクダッシュ    牡5 500万下 1:25.0 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   D D
9R D1200 マッシヴヒーロー    牡5 500万下 1:11.5 -1.0 ± -0.6 -0.4 106   B C

         

■ワンポイントアドバイス
差し馬が目立った中京芝で異変
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。