Victory Road

アダルト動画

2014/03/29 (土)
2014年2回阪神1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜が設定不能だった。ここまで8日間を振り返る。前開催は2週目以降馬場差がマイナスゾーンになった日はないものの、かと言って中山のように大きく時計を要すこともなかったが、先週日曜は雨の影響を強く受けて設定不能だった。
 まず土曜はプラス0秒2だったので、言わば春の阪神の標準値と言えるだろう。水曜日にまとまった雨が降って、ダートは稍重でスタートした事から、芝でも雨の影響が残っていたはずだが、時計が掛かるという程ではなかった。しかし、土曜深夜からの雨で日曜は一気に時計が掛かって行った。設定不能と言っても、馬場差を算出できないという程ではない。ただ、日曜の阪神芝のように大きく時計が掛かってしまうと、時計の比較にあまり意味がないというレベルになってしまうので、数値を表示していない。今週からの3週だが、Bコースが使用される。先週日曜は例外的な数値で、乾いた馬場なら先週土曜レベルかあるいは、時計が出やすくなるんじゃないだろうか。なお、土曜の連対馬は脚質もコース取りも目立った傾向はなかった。日曜は外を回る差し馬の上位進出が目についた。これは明らかに雨の影響だろう。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒4からプラス0秒3へと変動、日曜がマイナス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒台・プラス1秒台になることはないが、時計の出方は安定せず、同一週で同じ数値になった事はない。
 前開催から時計の出方は安定していない。しっかりと馬場差を復習して把握していく必要があるだろう。まず土曜日は終日稍重発表だった。馬場差は変動で、マイナスで始まってプラスで終わったと。ここはチェックしたいポイント。日曜は終日不良発表で、馬場差は変動ではなかった。コンディションは違っても、土日ともに前の組が圧倒的に有利で、中団以降にいた馬同士の決着はない。特に水が浮いていた日曜日は1Rと4Rでともに7番人気の馬が逃げ切ったのを始め、勝ち馬は全て好位以内につけていた馬だった。不良だから前有利というのは、一概には言えないが、あれだけ水が浮くと、先週日曜については、先行有利という認識で良いのではないだろうか。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/03/29 (土)  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2400 スカイゴールド    牡3 未勝利 2:29.2 +0.5 -0.4 -0.1 +0.2 101   C C
6R T1200 ラインスピリット    牡3 500万下 1:09.7 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C C
9R T1800 ブランネージュ    牝3 君子蘭賞500 1:48.8 +1.2 -1.0 ±0 +0.2 100   C C
11R T1800 マイネルフロスト    牡3 毎日杯G3 1:46.7 -0.1 ± -0.3 +0.2 103   C C
12R T1600 ゴールドベル    牡5 1000万下 1:35.4 +1.4 -0.3 +0.9 +0.2 91   S D

2014-03-29 (土)  ダ=-0.4 → +0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ザマンダ    牝3 未勝利・牝 1:26.4 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D E
2R D1800 タガノゴールド    牡3 未勝利 1:54.3 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C D
3R D1200 チャーマー    牡3 未勝利 1:13.0 -0.3 ± -0.2 -0.1 102   C D
4R D1800 アイアムナチュラル    牡3 未勝利 1:56.5 +1.9 ± +2.0 -0.1 80   E D
7R D1200 ボストンビリーヴ    牝4 500万下・牝 1:13.1 +0.8 ± +0.7 +0.1 93   D D
8R D1400 ララガニエ    牡4 500万下 1:25.2 +0.3 ± +0.1 +0.2 99   C D
10R D2000 トウショウヘイロー    牡5 甲南S1600 2:05.4 +0.7 ± +0.4 +0.3 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
差し馬が目立った中京芝で異変
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。