Victory Road

アダルト動画

2014/04/05 (土)
2014年3回中山3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒2からプラス1秒5へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。前開催後半2週は時計が掛かっていた。この開催に入っての2週は土曜は水準かそれに近いレベルだったが、日曜は雨の影響によって変動となり、後半は時計が掛かった。
 土曜も馬場発表は稍重だったから雨の影響は残っていたはずだが、Bコースに替わって最初の日で馬場差はプラスマイナスゼロ。ついにプラスマイナスゼロまで来た。この春の中山開催では初めてプラスゾーンではなくて、最も時計の出やすいレベルだった。ただ、日曜の未明に雨が降って、日曜はプラス0秒2でスタート。8Rの後にさらに激しい雨が降って、8Rまでと9R以降では時計の出方が大きく違った。従って日曜は変動とは言っても、8Rまでは同じ数値でプラス0秒2。9Rはプラス1秒4、11Rはプラス1秒5と時計を要した事になる。ただ、強調点としては前回の放送と同じような事で、日曜に時計が掛かったという事よりも、土曜日に水準の数値だった。これをちょっと考えた方が良いと思う。連続開催の終盤に入るが、乾いたコンディションなら時計の掛かるレベルじゃない。まぁなんと言うか、芝自体の生育が良いんじゃないかなという気がする。連対馬の傾向を見ると、雨の影響を受けた日曜後半を含めて、逃げて内を通った馬が10鞍中5鞍で連対している。差し馬がダメという訳じゃないが、前につけて内を立ち回った馬が粘っていたというのは覚えておきたい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒3へと変動、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒7へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒3へと変動、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒7へと変動だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、とにかく時計の出方が安定しない。同じ週でも土日で大きく異なるケースがある。ただ、終日重馬場発表だった前開催5日目は時計が出やすく、終日良馬場発表だった前開催8日目と今開催初日は1800m・1200mともにプラスの数値だった。その中でも今開催初日は1200mの方が時計が掛かるという珍しいケースだった。
 ほんと難しい馬場差になっている。まず土曜日は天気も良くて時間の経過とともに少しずつ時計が掛かっていくというごく一般的な変動だった。ただ、1800m・1200mとも最初のレースと最後のレースが全く同じ数値での変動というのはかなりレアケース。日曜は芝同様短い時間ではあったが、8R終了後に強い雨の影響で10Rと12Rだけが変動となっている。つまり7Rまで1800mはマイナス0秒2、1200mはマイナス0秒4という馬場差になる。連対馬の脚質については、先週まで再三触れてきた通り、条件や距離を問わず差し馬の活躍が目立っていた。中団・後方に居た馬同士の決着はなかったが、ほとんどのレースでどちらかが連対。先週までの傾向を見る限り、今週以降も差し馬だからと割り引く必要はないと言えるんじゃないだろうか。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/04/05 (土)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ヘイジームーン    牝3 未勝利・牝 2:04.2 +1.3 ± +1.3 ±0 87   E D
6R T1600 マイネプレセア    牝3 未勝利 1:35.7 -0.3 ± -0.3 ±0 103   C D
9R T2200 トーセンマタコイヤ    牡3 山吹賞500 2:15.7 +0.3 -0.7 -0.4 ±0 104 B C
10R T2500 ケンブリッジサン    牡4 安房特H1000 2:35.5 +1.0 -0.6 +0.4 ±0 96   C D
11R T1200 セイコーライコウ    牡7 船橋S1600 1:08.8 +0.4 ± +0.4 ±0 96   D C

2014-04-05 (土)  ダ=-0.8 → -0.3 / 1200m=-0.8 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ラブユー    牝3 未勝利・牝 1:55.8 +0.1 ± +0.9 -0.8 91   E D
2R D1200 シャインプレイン    牝3 未勝利 1:12.0 -0.9 ± -0.1 -0.8 101   C D
3R D1800 ショウナンマルシェ    牡3 未勝利 1:55.2 -0.5 ± +0.2 -0.7 98   C D
4R D1200 サクラエルカミーノ    牡3 未勝利 1:12.0 -0.9 ± -0.2 -0.7 102   C D
7R D1200 セトアロー    牡3 500万下 1:12.0 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   D C
8R D1800 ポッドスター    牡4 500万下 1:54.3 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D D
12R D1200 シークレットアーム    牡5 500万下 1:12.0 +0.1 ± +0.4 -0.3 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
桜花賞ミニデータ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。