Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/04/12 (土)
2014年3回中山5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、この開催2週目まではマイナスの数値はなかったが、先週は一転してマイナス1秒台の速い時計が出るコンディションとなった。雨の影響がなかったとは言え、一変した。ここまで2回土曜に時計が出やすくなっている事を取り上げて、雨の影響がなければ時計の掛かる馬場ではないという点を強調してはいたが、それにしても先週は速い時計の出るコンディションになった。中間に芝刈りを行っているとか、馬場の芝の成育が良いとかそいう事も時計が速くなった一因かもしれない。そもそも春の中山は使い込んでも時計が掛からないで、終盤にむしろ時計が出やすくなるというケースもあった。その点は今年も当てはまるかもしれない。最終週の今週だが、乾いた馬場なら先週と同レベルと考えて良いのではないかと思う。
 前の馬が粘るレースもあったが、差し馬が届くレースもあり、また内からも外からも上位に来ている。連対馬の脚質とかコース取りに偏りはなかった。例えば土曜は芝で最初のレースだった5Rが逃げ・先行で決着。一方11RのNZTは外を回った差し追い込み馬2頭で決まった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1800m・1200mともに時計の出方が安定せず、同じ週でも土日で時計の出方が異なっている。先週は土日とも良馬場発表だったが、1800m・1200mとも日曜の方が時計が掛かっていた。
 土日とも完全な良馬場で行われたのはいつ以来なんだろうというぐらい久々だった。この連続開催では良馬場で始まった週もあったが、少なからず中間の雨の影響を受けてましたし、先週については、中間に全く雨が降っていないので、かなり乾いていたと推測できる。ただし、そんな乾いたコンディションでも、それ程時計は掛からなかった点に注目すべき。特に1800mは冬場での良ならプラス1秒を超えるような力のいる馬場では全然ないという風に言えると思う。先週までは差し馬の台頭が目立つと言って来たが、馬場コンディションが変わった事によって連対馬の脚質も変わって来た。中団以降の占有率ががくんと落ちてしまった。また、中山ダートとしてはこれぐらいが普通で、良馬場なら今週も同様の傾向と考えるのが自然だろう。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/04/12 (土)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ウインミラグロス    牡3 未勝利 2:01.7 -1.2 ± -0.1 -1.1 101   C D
9R T1800 コスモバルバラ    牝5 野島崎特1000 1:47.8 -0.1 ± +0.9 -1.0 91   E D
10R T2200 クリールカイザー    牡5 湾岸S1600 2:11.9 -1.6 -0.4 -0.8 -1.2 108 B C
11R T1600 ショウナンアチーヴ    牡3 ニュージG2 1:33.3 -1.3 ± -0.4 -0.9 104   B D

2014-04-12 (土)  ダ=±0 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ツインキャンドル    牝3 未勝利・牝 1:12.4 -0.5 ± -0.2 -0.3 102   C C
2R D1800 クライスマイル    牡3 未勝利 1:55.7 ±0 ± ±0 ±0 100   C D
3R D1200 キープレイヤー    牝3 未勝利 1:12.8 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C D
4R D1800 コクリュウノマイ    牡3 未勝利 1:55.4 -0.3 ± -0.3 ±0 103   C C
6R D1200 ブルーストーン    牝3 500万下 1:11.5 -0.7 ± -0.4 -0.3 104   B C
7R D1800 レッドジャクソン    牡5 500万下 1:55.5 +1.5 ± +1.5 ±0 85   E D
8R D1200 キタサンミカヅキ    牡4 500万下 1:11.8 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C D
12R D2400 スズカカイゼル    牡4 1000万下 2:36.8 +1.8 -0.3 +1.5 +0.3 85   S D

         

■ワンポイントアドバイス
先行馬壊滅 中京芝のその後
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。