Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/05/10 (土)
2014年2回東京5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週がマイナス1秒0、3日目以降は全てマイナス0秒9で、速い時計の出るレベルで安定している。
 実に安定していて、先週まではAコース使用で今週からBコースに移るが、馬場の内が傷んでいる訳ではないので、仮柵を設置した事で急に高速化する事はないはず。ただし、コーナーがゆるくなる分、少しだけ速い時計が出るようになる可能性はある。この開催になってから3週続けて同じ事を言うが、本質的には差しが効く馬場。ただし、スローになれば、前残りもあって、先週は東京にしてはスローが多くなかったので、差し馬の好走が多いが、あくまで展開次第という事。今週から2週Bコースを使用して、その後はCコースに移る。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、4日目までは水準に近いレベルだったが、先週は前半2週と比べ、時計が掛かった。
 1週目・2週目よりも時計の掛かる馬場となった。だから先行有利になったとか、逆に差し馬の好走が増えたとか、そういう事はないが血統面で注目できる事があった。それは土曜の東京ダートで、ファスリエフ産駒が3勝している事。先週の土曜のように、馬場差がプラス0秒5でなおかつタイムランクDとかEが多いというのは、素のタイムが遅いレースが多かったという事。以前にも触れた事があるが、ファスリエフ産駒の多くは時計の掛かるダートが得意で、顕著な例は土曜8Rを勝ったサンリットレイクだが、ダートの重馬場や不良馬だと人気を下回る着順がほとんどだが、500万下では明らかに力上位とは言っても、先週の馬場が合っていたとも言える。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/05/10 (土)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 メドウヒルズ    牡3 未勝利 1:34.8 -0.9 ± -0.2 -0.7 102   C C
6R T1800 レッドシェリール    牝3 500万下・牝 1:48.4 +0.5 -0.7 +0.6 -0.8 94 D D
9R T1400 ボンジュールココロ    牝4 高尾特別1000 1:21.2 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C C
10R T2400 ビービートレイター    牡4 緑風SH1600 2:27.6 +2.1 -1.1 +2.1 -1.1 79   S C
11R T2000 ベルキャニオン    牡3 プリンシ 2:01.0 +1.1 -1.0 +1.0 -0.9 90   S D

2014-05-10 (土)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ヒラリアス    牝3 未勝利・牝 1:27.7 +1.7 ± +1.3 +0.4 87   E D
2R D1600 キネオレジェンド    牡3 未勝利 1:40.1 +0.9 ± +0.4 +0.5 96   D D
3R D1400 ウラノスガッキ    牡3 未勝利 1:27.9 +1.9 ± +1.5 +0.4 85   E D
4R D2100 キネオフォルツァ    牡3 未勝利 2:14.9 +1.2 ± +0.5 +0.7 95   D D
7R D1300 カワキタシャウト    牡4 500万下 1:19.8 +1.3 -0.2 +0.7 +0.6 93   D C
8R D1600 サンリットレイク    牡5 500万下 1:38.9 +0.9 ± +0.4 +0.5 96   D D
12R D1300 キタサンミカヅキ    牡4 1000万下 1:18.5 +0.6 ± +0.2 +0.4 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
直線1000mはダート実績に注目
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。