Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/05/17 (土)
2014年1回新潟5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒5。直線1000m対象の数値は土日ともにプラス0秒4だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの数値。開幕週は比較的水準に近いレベルだったが、3日目以降はやや時計が掛かっている。直線1000mも全てプラスゾーン。
 馬場差は少し時計の掛かるレベルが続いている。脚質については土日を通じて、逃げ・先行馬の連対はなくて、ほとんどのレースで中団・後方からの差し馬が連対していた。また、外めを回って伸びてきた馬が多くて、内を突いて差してきたのは土曜10R2着のシャイニーリーヴァだけだった。最終週の今週もコース設定は変わらないので、恐らく同じような傾向だろうと推測できる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス1秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。1800mはプラス1秒1かプラス1秒2の数値で時計が掛かるなりに安定している。1200mは前半2週プラス0秒2の数値が続いていたが、先週土曜は初めてマイナスゾーンになった。
 土曜日は8Rまで稍重で行われて、1200mだけは若干その影響が残った。ただ、マイナスの馬場差と言っても、先週までと大きな開きはない。1800mは時計が掛かる状態が続いてる。連対馬の位置取りを見ると、中団以降にいて連対したのは土日合わせて3頭のみで、軒並み上がりの掛かるレースが続いているが、かと言って差しが決まるケースは少ない。今週が最終週となるが、大きく傾向が変わるとは考えづらいので、高配当をGETするには、人気薄の先行馬を狙うのが得策かなと感じる。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/05/17 (土)  芝=+0.6 / 直=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 マイネルゼーラフ    牡3 未勝利 1:48.6 +1.1 ± +0.6 +0.5 94   D D
6R T1000 シャルマンウーマン    牝3 未勝利 0:57.2 +1.3 ± +0.9 +0.4 91   E D
9R T1200 プリンセスムーン    牝4 500万下 1:09.5 +0.5 ± +0.1 +0.4 99   C C
10R T2200 ダノンシンフォニー    牡4 胎内川特500 2:14.4 +1.0 -0.3 ±0 +0.7 100   C D
12R T1800 アースザスリー    牝4 石打特別500 1:46.8 +0.3 ± -0.2 +0.5 102   C C

2014-05-17 (土)  ダ=+1.2 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 シャドウシティー    牡3 未勝利・若 1:56.5 +2.5 ± +1.3 +1.2 87   E D
3R D1200 ラインハート    牝3 未勝利・牝 1:11.9 -0.8 ± -0.6 -0.2 106   B D
7R D1200 サンセルマン    牡5 500万下 1:12.1 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D D
8R D1800 ユキノスライダー    牡4 500万下 1:55.0 +2.2 ± +1.0 +1.2 90   E D
11R D1200 ナリタシーズン    牡7 八海山特1000 1:11.8 +0.5 ± +0.7 -0.2 93   D C

         

■ワンポイントアドバイス
切れる馬、あるいはガンガン飛ばす馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。