Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/05/18 (日)
2014年2回東京8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。マイナス1秒0前後の数値が続き、速い時計が出るコンディションが続いている。
 先週からBコース使用になった事もあり、時計の出方は今開催で最も速くはなったが、っとは言っても土日ともでマイナス1秒ですから、大きく変わった感じはなくて、引き続きそこそこの高速馬場という状況。時計の出方は非常に安定している。脚質的には大川さんもおっしゃっておられたように、基本的には切れのある差し馬が届く馬場。ただ、ペースの遅いレースが多くて、その分前に行った馬が残るケースもある。ともに逃げ切り勝ちだったNHKマイルC・ヴィクトリアマイルが良い例だと思う。ただ、そういうレースでも馬券圏内に差し馬が突っ込んで来ていますので、その点は見逃せない。2回東京はトータル6週で12日間の開催だが、今週もBコースが使用されてダービーウィークはCコースになる。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、3週目はやや時計が掛かっていたが、その他の週は水準に近いレベルでの推移になっている。
 先々週は今開催で最も時計を要する馬場だったが、先週は開幕週と同じ馬場差でほぼ水準レベルに戻った。傾向としては先行・差し混在で、馬場差が同じである事を考えると脚質も開幕週と同様の傾向に戻ったと言える。いずれにしろ、脚質による有利・不利は少ない馬場。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/05/18 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 ウインオリアート    牝3 未勝利・牝 1:35.4 -0.3 -0.3 +0.3 -0.9 97   C C
4R T1800 パリカラノテガミ    牡3 未勝利 1:48.1 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D C
6R T1400 ウエスタンメルシー    牝3 500万下 1:21.4 -0.9 -0.2 -0.3 -0.8 103   B C
8R T1600 マンインザムーン    牡4 500万下 1:34.0 -0.8 ± +0.1 -0.9 99   C C
9R T2000 アイスフォーリス    牝5 秩父特別1000 2:02.7 +2.6 -1.1 +2.6 -1.1 74   S C
11R T1600 ヴィルシーナ    牝5 ヴィクトG1 1:32.3 -0.5 ± +0.4 -0.9 96   D C

2014-05-18 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 オールデフィート    牡3 未勝利 1:26.7 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
2R D1600 シンボリハミルトン    牡3 未勝利 1:38.6 -0.6 ± -0.7 +0.1 107   B C
5R D1400 ルミニズム    牡3 500万下 1:25.0 -0.2 ± -0.3 +0.1 103   B C
7R D2100 ヘイローフォンテン    牡4 500万下 2:13.9 +1.7 -0.9 +0.9 +0.8 91   D D
10R D1600 ノースショアビーチ    牡3 青竜S 1:37.4 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C C
12R D1400 サクラレグナム    牡5 BSイH1600 1:23.9 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D C

         

■ワンポイントアドバイス
切れる馬、あるいはガンガン飛ばす馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。