Victory Road

アダルト動画

2014/05/18 (日)
2014年3回京都8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1週目がマイナス2秒4、マイナス2秒3。2週目以降は開幕週ほどではないにせよ、マイナス2秒0前後のかなり速い時計の出るコンディションが続いている。
 先週からDコースに替わった事もあって、むしるマイナスの方向に戻した。ただ、大きな変化はなくて、前回大川さんが言っていたように、ずっと高速馬場という認識で間違いないと思う。今のコンディションだと、ちょっと雨が降ったくらいで、一気に時計が掛かる状況にはなるとは考えづらいなと思う。ただ、脚質的には差し馬の活躍が顕著になって来ている。しかしながら、その反面逃げ馬が押し切るケースもあったりした。いずれにしろ、先行・好位から粘るタイプの馬は活躍できていない。圧倒的なスピードあるいは、圧倒的な瞬発力がある馬が幅を効かせている印象。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒6だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておく。プラス0秒4かプラス0秒5で推移していた3週目までと比較して、先週は少し時計が掛かっていた。
 先週の土曜はこの開催で最も時計の掛かる馬場になったが、大きな動きではなかった。いずれにしろ今開催は少し時計が掛かっている。脚質的にはある程度前めにつけた馬が有利だが、京都にしては差しがそこそこ届いているという状況は変わらずだった。いつもの京都と比べると、やや阪神っぽい雰囲気のある状況。例えるなら京阪競馬場という印象。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/05/18 (日)  芝=-2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2200 エリタージュゲラン    牡3 未勝利 2:14.4 -0.8 -0.3 +1.2 -2.3 88   E D
6R T1800 エイシンヒカリ    牡3 500万下 1:45.5 -2.1 -0.5 -0.7 -1.9 107   B D
8R T1400 サチノリーダース    牡4 500万下 1:20.9 -0.9 ± +0.6 -1.5 94   D D
9R T1800 トーセンソレイユ    牝4 パールS1600 1:44.9 -1.1 ± +0.8 -1.9 92   D C
10R T1200 リアルヴィーナス    牝3 葵S 1:07.5 -1.1 ± +0.2 -1.3 98   C D
12R T1200 ニザエモン    牡6 1000万下 1:08.1 -0.6 -0.2 +0.5 -1.3 95   D D

2014-05-18 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 レッドメイヴ    牝3 未勝利・牝 1:54.4 +0.5 -0.6 -0.7 +1.2 107 B D
2R D1400 エミネントレコード    牡3 未勝利 1:25.1 -0.4 ± -0.9 +0.5 109 A D
3R D1800 エイシンイースト    牡3 未勝利 1:55.6 +1.7 ± +1.1 +0.6 89   E E
5R D1200 エイシンゴージャス    牝3 500万下 1:12.5 +0.5 ± +0.1 +0.4 99 C D
7R D1900 メイショウビリーヴ    セ5 500万下 2:01.4 +2.2 ± +1.6 +0.6 84   E D
11R D1400 キョウワダッフィー    牡6 栗東SH 1:23.1 +0.7 ± +0.2 +0.5 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
切れる馬、あるいはガンガン飛ばす馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。