Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2014/05/25 (日)
2014年3回京都10日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒7だった。ここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はマイナス2秒を超え、3日目以降もマイナス2秒前後のかなり速い時計の出るコンディションが続いた。ただ、先週は4週目までと比較すれば少し水準方向に近づいて来た。
 先週は開催5週目ですから、さらに週半ばに雨が降った事もあって、それでもかなりの高速馬場である状況というのは変わりなかった。
 土曜は差し馬の活躍が目立ち始めて、日曜前半も同じような流れかなと思っていたが、日曜後半になると一転して前に行った馬が有利になった。それは馬場傾向と言うよりかは、あくまでも展開面によるところが大きい。日曜後半はスローペースの競馬ばかりだった。基本的には差し馬も届くようになって来ていると見て良い。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。ここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、4週目までは全てプラスの数値だったが、先週はこの開催で初めてマイナスゾーンに入った。
 週半ばに降った雨の影響だと思われる。いずれにしろ先週は今開催で最も時計の出やすい馬場コンディションだった。ただ、いつもの京都ダートと比べると差しが届いているという状況は先々週までと変わりなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/05/25 (日)  芝=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 トウカイセンス    牝3 未勝利・牝 1:48.4 ±0 -0.4 +1.1 -1.5 89   S D
4R T1600 ハイベストバイオ    牡3 未勝利 1:34.3 -0.9 ± +0.5 -1.4 95   D D
6R T1200 カシノタロン    牝3 500万下 1:08.3 -0.9 ± +0.1 -1.0 99   C C
8R T2200 テイコフトウショウ    牝4 500万下 2:15.6 +1.8 -1.3 +2.4 -1.9 76   S C
9R T2000 オツウ    牝4 御室特別1000 1:59.1 -0.7 -0.9 +0.1 -1.7 99   C C
11R T2400 ヴィクトリースター    牡6 烏丸SH1600 2:24.6 -0.8 -0.8 +0.4 -2.0 96   C D

2014-05-25 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ディオレサンス    牝3 未勝利・牝 1:13.0 +0.3 ± +0.4 -0.1 96   D D
2R D1800 マンオブグァテマラ    牡3 未勝利 1:53.7 -0.2 ± -0.1 -0.1 101   C D
5R D1800 グレナディアーズ    牡3 500万下 1:51.8 -1.2 -0.3 -1.4 +0.2 114   A C
7R D1800 マルイチワンダー    牡4 500万下 1:52.7 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C D
10R D1800 カゼノコ    牡3 鳳雛S 1:52.2 +0.4 -0.6 -0.1 +0.5 101 C C
12R D1400 ピンポン    牡4 1000万下 1:25.0 +1.2 ± +1.3 -0.1 87   E D

         

■ワンポイントアドバイス
京都芝は前残りではない
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。