Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2014/06/01 (日)
2014年3回京都12日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス1秒4だった。ここまで12日間の馬場差を振り返っておくと、開催初日はマイナス2秒4とかなり速い時計の出るコンディションでスタートした。その後4週目までマイナス2秒前後。後半2週は水準に近づいたとは言え、それでも高速馬場だった。
 先々週と比べると先週は少し時計が掛かるようになって来ているが、依然高速馬場という状況は変わらず。脚質的には前残りのレースもそこそこあったが、タイム表を見てもらってもわかる通り、芝のレースは13鞍中6鞍がスローペースの競馬。前残りの競馬が多くなるのは当然で、少しペースが速くなると差しがきっちり届いているので、馬場そのものは差しが届くようになっていると見るべきだが、関西では今週から阪神に舞台を移すので、あまり脚質的な読みは必要なくなった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒7だった。ここまで12日間の馬場差を振り返っておくと、4週目まではプラスゾーンでやや時計の掛かるレベルだったが、後半2週はマイナスの数値だった。特に先週は最も速い時計の出るコンディションとなった。
 先々週が今開催で一番時計の出やすい馬場だと言ったが、それを一気に更新して極端な高速化だった。雨が降ったのが月曜だけなので、降雨の影響とは考えにくく、実際砂が舞い上がる程のパサパサ馬場だった。脚質的には先々週までと比べると先行馬が活躍した。単純に高速馬場になった影響と考えられる。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/06/01 (日)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T2000 アドマイヤウイング    牝3 未勝利・牝 2:02.3 +0.5 -0.6 +1.3 -1.4 87   S C
3R T2400 マッチボックス    牡3 未勝利 2:27.0 -1.2 ± +0.5 -1.7 95   D C
5R T1600 ブレイヴリー    牡3 500万下 1:36.4 +1.9 -0.5 +2.5 -1.1 75   S D
7R T1200 フギン    牝4 500万下 1:08.1 -1.0 ± -0.2 -0.8 102   C C
8R T1800 アドマイヤイナズマ    牡4 500万下 1:46.4 -1.0 -0.3 ±0 -1.3 100 C C
10R T1400 ウイングザムーン    牝5 安土城SH 1:20.5 +0.2 -0.7 +0.5 -1.0 95   D D
11R T2000 エーティータラント    牡4 1000万下 2:01.0 +1.2 -1.1 +1.5 -1.4 85   S D

2014-06-01 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 デンコウライド    牡3 未勝利 1:13.0 +0.3 ± +0.8 -0.5 92   E D
6R D1400 ドリームカイザー    牡3 500万下 1:24.6 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D C
9R D1800 ジョウノボヘミアン    牡8 東大路H1600 1:51.9 +0.9 -0.4 +1.2 -0.3 88   S D
12R D1800 エーシンザヘッド    牡4 與杼特別1000 1:51.0 -0.8 ± -0.1 -0.7 101 C C

         

■ワンポイントアドバイス
クラス編成前に…
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。