Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2014/06/21 (土)
2014年2回函館3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。ここまで4日間の芝の馬場差は全てマイナスゾーンで、1週目より先週の方が一層時計の出やすいレベルだった。
 開催初日は稍重でスタートしたが、先週は土日とも良馬場。木曜・金曜で雨は降ったが、開幕週よりも時計が出やすくなった。この辺りは前回の放送で乾いた馬場ならもっと速い時計が出るのではないかと言った通り。そして連対馬の傾向だが、1週目と変わらず、前へ行って内を立ち回った馬が有利だった。ただ、日曜11Rの函館スプリントSのように、内に密集してしまって、1番人気のストレイトガールが行き場を失って力を出せなかった。こういうケースもあった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒8だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で特に開幕週はかなり速い時計の出るコンディションだった。
 金曜正午の発表では稍重だったが、土曜の朝には良に回復していた。開幕週のマイナス2秒前後の馬場と比べると、かなり時計は掛かっているが、それでもまだ速いレベル。前回も言ったが、昨年が良馬場でもマイナス1秒前後の馬場差だったように、今年も良馬場ならこれぐらいの数値に落ち着くかもしれない。連対馬の決まり手は、重だった先々週と変わらなくて、先行有利だった。これも前回の放送で言ったが、良でも函館ダートならこれぐらいが普通。今週以降も能力が同等なら、前に行ける馬を優先した方が得策と考える。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/06/21 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 ナリタメロディ    牝3 未勝利 1:10.5 -0.1 ± +0.7 -0.8 93   D D
4R T1800 ルヴェソンヴェール    牝3 未勝利 1:48.7 -1.5 -0.4 -0.6 -1.3 106   B D
5R T1200 アールブリュット    牝2 新馬・牝 1:10.2 -1.1 ± -0.3 -0.8 103 B D
7R T1200 モーニングコール    牝4 500万下・牝 1:09.2 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C D
9R T1200 イントゥザストーム    牝5 500万下 1:09.5 -0.5 ± +0.3 -0.8 97   D D
10R T2000 プロクリス    牝3 臥牛山特500 2:01.9 -0.3 -0.6 +0.5 -1.4 95   D D
11R T1200 モズハツコイ    牝3 函館日H1000 1:08.8 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C D

2014-06-21 (土)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 メイショウルンバ    牝3 未勝利・牝 1:47.6 -0.2 ± +0.6 -0.8 94   D D
3R D1700 サウザンドエース    牡3 未勝利 1:46.9 -0.9 ± -0.1 -0.8 101   C D
6R D1000 ディアタイガ    牡2 新馬 1:00.9 +0.2 ± +0.7 -0.5 93   D D
8R D1700 クロフネフリート    牡3 500万下 1:46.9 +0.3 -0.3 +0.8 -0.5 92   D D
12R D1700 シルクラングレー    牡5 木古内特500 1:46.3 -0.3 ± +0.5 -0.8 95   D C

         

■ワンポイントアドバイス
減量騎手▲3kg減を狙え!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。