Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/06/29 (日)
2014年3回阪神8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス1秒6だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、5日目まではマイナス1秒台で速い時計が出るコンディションが続いたいたが、6日目以降はプラスゾーンで特に先週日曜は時計が掛かった。
 阪神地域は木曜深夜にまとまった雨が降って、土曜はその影響が残って良馬場発表とは言え、速い時計の出るレベルではなかった。そして土曜深夜に数時間ではあるが、再び激しく雨が降って、日曜はこの開催で最も時計が掛かった。なお、その日曜は稍重でスタートして途中で良に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。時計の掛かり方としては、道悪に属すると見て良い。上位馬の脚質だが、基本的には偏りはないが、前へ行く馬が無理をせずに行けば、粘り込んだという事。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス2秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーンで、6日目以降は雨の影響でマイナス1秒を超える数値となった。つまり、そもそも時計の出やすいコンディションだった上、脚抜きが良くなってさらに速い時計が出るレベルになった。
 土曜日は6日目、つまり先々週の日曜よりほんの少し速いレベル。日曜はさらに高速化して、この開催ではダントツの速い馬場差となった。土曜日は中団以降にいた馬が1頭も連対できなかったが、有力馬が割と好位まにで居たケースが多かったので、前が断然有利な馬場だったとは決めつけない方が良いと思う。そして高速化した日曜日、連対馬の脚質に偏りはなくて、先々週までの傾向に戻った。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/06/29 (日)  芝=+1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 ベルラップ    牡2 未勝利 1:38.2 +1.9 ± +0.6 +1.3 94   D D
5R T1800 ティルナノーグ    牡2 新馬 1:51.9 +2.5 -0.6 +0.5 +1.4 95 D C
6R T2400 スペキュレイター    牡4 500万下 2:31.9 +4.8 -1.1 +1.8 +1.9 82   S D
9R T1200 レムミラス    牝3 皆生特H1000 1:09.9 +1.0 ± ±0 +1.0 100   C D
10R T2000 タガノグーフォ    セ5 サイレH1600 2:02.1 +2.6 ± +1.0 +1.6 90   E D
11R T2200 ゴールドシップ    牡5 宝塚記念G1 2:13.9 +2.1 -0.3 ±0 +1.8 100   C B

2014-06-29 (日)  ダ=-2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 アルマミーア    牝3 未勝利・牝 1:52.5 -1.8 ± +0.3 -2.1 97   C D
3R D1400 キングズガード    牡3 未勝利 1:24.3 -1.6 ± ±0 -1.6 100   C D
4R D2000 マウナロア    牡3 未勝利 2:04.8 -3.1 ± -0.8 -2.3 108   B D
7R D1200 サンライズマーチ    牡4 500万下 1:10.6 -1.7 ± -0.3 -1.4 103   B C
8R D1800 ヒラボクプリンス    牡4 城崎特別500 1:51.0 -2.1 ± ±0 -2.1 100   C B
12R D1400 エイシンライアン    牡4 リボン賞1000 1:24.6 +0.4 -0.4 +1.6 -1.2 84 S D

         

■ワンポイントアドバイス
函館競馬の特注種牡馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。