Victory Road

アダルト動画

2014/07/05 (土)
2014年2回函館1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。連続開催ですので、まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておく。マイナス1秒台の馬場差が続いた後、先週日曜は前開催初日以来のマイナス0秒9だったが、大きな動きはない。
 確かに大きな動きはないが、速い時計の出るレベルであるものの、ジワジワと時計が掛かってきたという印象。連対馬を見ると中団・後方からの差し馬が目につくようになってきている。ただ、今週からの2週はBコース使用されるので、特に今週は時計の出方とか上位馬の傾向が再び変わってくるかもしれない。この変注意したい。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。こちらもまずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。良馬場の前開催3日目以降はマイナス0秒8かマイナス0秒7の馬場差でほとんど動きはない。
 先々週と全く同じで土日ともにマイナス0秒7。函館はコースも少なくてほぼ1000mと1700m。2400mもあるが、そういう傾向なので、非常に時計でわかりやすい。中間に雨が降っていないので、かなり乾いたダートだと推測できるが、馬場差に変化はなかった。残り2週も良馬場ならこのくらいの数値になると予測できる。相変わらず先行有利の傾向だが、中団・後方からの連対馬にしてもマクり気味に上がって行って3コーナーで好位というパターンが多い。純粋な追い込みはほとんど決まっていない。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/07/05 (土)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 カゼノトビラ    牝2 未勝利・牝 1:10.5 -0.6 ± ±0 -0.6 100   C C
4R T1800 バリス    牡3 未勝利 1:49.6 -0.6 ± +0.3 -0.9 97   C D
5R T1200 グランドポピー    牝2 新馬 1:11.7 +0.4 -0.3 +0.7 -0.6 93   D C
8R T1200 カレンステイシー    牝3 500万下・牝 1:09.4 -0.6 ± ±0 -0.6 100   C C
10R T2000 メイショウテッサイ    牡6 八雲特別500 2:02.6 +0.4 ± +1.4 -1.0 86   E C
11R T1200 ブランダムール    牝5 TVhH1600 1:08.7 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C C
12R T1800 オツウ    牝4 かもめ島1000 1:47.7 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C C

2014-07-05 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 スリーチアサウス    牝3 未勝利 0:59.5 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C D
3R D1700 オルドリン    牡3 未勝利 1:48.1 +0.3 ± +1.0 -0.7 90   E D
6R D1000 ヤジロベエバランス    牝2 新馬 1:01.1 +0.4 ± +0.8 -0.4 92   E C
7R D1700 セトノプロミス    牡4 500万下 1:47.5 +0.9 ± +1.6 -0.7 84   E C
9R D2400 オペラハット    牡3 500万下 2:34.3 -1.3 ± -0.3 -1.0 103   C D

         

■ワンポイントアドバイス
巴賞から函館記念を考える
巴賞は函館記念の重要なステップレースだが、過去10年の函館記念において、前走が巴賞だった馬が5勝2着6回3着3回と連対馬の半数以上を占めている。5勝の内訳は巴賞1着から4着馬が各1勝で、残る1頭は巴賞11着だった。ただ、よくよく調べてみると、この5勝のうち3勝が同一馬。2005年から2007年で勝ったエリモハリアー。エリモハリアーのような馬が再び現れるとはちょっと考えにくいので、2008年以降6年間でデータを取り直してみる。この内2009年は札幌開催。すると前走巴賞だった馬は2勝2着4回3着3回と。巴賞が重要なステップレースである事には変わりないが、近年の傾向からは巴賞については函館記念で1着よりも2・3着の方が多いことがわかる。また、2008年以降の2勝はそれぞれ巴賞で3着・4着だった馬で巴賞1着馬はなんと2008年のフィールドベアのみで2着1回のみ。フィールドベアが2着しただけ。ここ5年連続して巴賞1着馬は4着以下に沈んでいる。過去3年は連続して巴賞1着馬が1番人気だったのに、4着以下に沈んでいる。これはちょっと勝ち馬はどうなのかなという感じがある。さらに2着3回3着3回は巴賞5着から8着馬。しかも、巴賞で4番人気以内だった馬が1勝2着3回3着3回とよく頑張っている。巴賞から函館記念に向かう馬を狙うなら4番人気以内で5着から9着ぐらいだった馬を狙うべきじゃないかと。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。