Victory Road

アダルト動画

2014/07/12 (土)
2014年3回中京3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜はマイナス0秒7からプラス1秒2へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までは全てマイナス0秒8の数値で安定していたが、4日目については午後は時計が掛かった。
 土曜は週半ばの雨の影響を感じさせないで、開幕週と同レベルだった。速めの時計が出るコンディションだったと言えると思う。日曜日朝の時点では土曜日とほぼ同レベルだったが、2Rから降った雨の影響で午後は一気に時計が掛かった。ちょっと土砂降りっぽい雨になった。福島と比較すれば、雨の降っていた時間は短いが、変動の幅としては中京の方が大きくなっているので、この点は注意。連対馬を見ると土曜は先々週と同じで、差し馬の活躍が目立った。7鞍中6鞍で中団からの差し馬が連対している。しかし、日曜は6鞍中5鞍で逃げ・先行馬が連対していた。日曜はかなり傾向は変わったという事については、以前2回中京で最終日に雨が降ったとたん(最終日は高松宮記念の日)に、逃げ・先行馬が上位を占めた。それとちょっと似ている。直線に急坂があって前が残りにくい中京芝だが、雨が降ると瞬発力が発揮しにくい馬場になって、末脚勝負の馬有利とは言えないくなると考えて良いんじゃないだろうか。この日、日曜午後のように、前に行った馬でも騎手はみんな内を避けて、ちょっと外めに行ってしまう。直線に入ると後ろの馬、さらに外を回らざるを得なくなるので、コースロスも生じてくる。これも先行馬が有利になる要因になったと思う。なお、今週からの2週はBコースが使用されるので、コース替わりますし、天候によっては先週土曜のような傾向になるか、日曜のようになるか、これはやってみないとわからないところもありますので、注意しておこう。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜はマイナス0秒9からマイナス1秒6へと変動した。まずここまで4日間の馬場差を振り返っておく。全てマイナスの数値だが、マイナス2秒台だった開幕週と比較すると先週土曜は水準に近づいた。ただ、日曜午後は雨の影響でマイナス1秒台になり、開幕週ほどではないにしても、脚抜きの良いコンディションとなった。
 金曜正午の時点では稍重だったが、土曜の朝には回復した。開幕週と比べるとかなり時計が掛かっているように感じるが、良馬場でマイナス0秒7ですから、速い時計の出やすいレベルと言えると思う。そして日曜の変動についてだが、3Rの前後に降った雨は短い時間だったので、馬場差としては3Rと6R以降とこの2つに分けられる。ただ、短い時間とは言え、かなり激しく降ったので3Rとそれ以降のレースでは0秒7の開きがあった。日曜の11Rと12Rは展開とか能力的なものもあって、差し馬同士の決着となったが、それ以外はほどんと前の組の決着で、傾向は先々週とほとんど変わっていない。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/07/12 (土)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 オメガタックスマン    牡2 未勝利 1:11.1 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D
4R T1600 トーホウジャッカル    牡3 未勝利 1:36.8 +0.5 -0.3 +0.8 -0.6 92   D C
5R T1400 ブリクスト    牡2 新馬 1:23.3 -0.5 -0.3 -0.2 -0.6 102   C C
8R T2200 ヤマニンプードレ    牝4 500万下 2:15.5 +0.1 -0.4 +0.6 -0.9 94   D C
9R T2000 サトノアラジン    牡3 茶臼山高500 2:02.9 +0.9 -0.9 +0.8 -0.8 92   D C
11R T1400 プリムラブルガリス    牡4 豊明SH1600 1:20.6 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C C
12R T1600 フレイムコード    牝5 500万下・牝 1:34.3 -1.2 ± -0.6 -0.6 106   B C

2014-07-12 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1400 テイエムゴージャス    牝3 未勝利・牝 1:26.2 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D
3R D1800 アラートミノル    牡3 未勝利 1:55.1 +0.3 ± +1.0 -0.7 90   E C
6R D1200 プレフェリート    牡3 未勝利 1:12.4 -0.8 ± -0.3 -0.5 103   B C
7R D1900 スカイライン    牡3 未勝利 2:02.4 +0.8 ± +1.5 -0.7 85   E D
10R D1200 クリノエリザベス    牝3 尾頭橋特1000 1:10.8 -1.1 ± -0.6 -0.5 106 B C

         

■ワンポイントアドバイス
1000万下・芝1200mはスロー多し
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。