Victory Road

アダルト動画

2014/07/13 (日)
2014年2回函館4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒台かそれに近いレベルで速めの時計の出るコンディションが続いている。
 芝では雨の影響は残っていなかった。先週からコース設定がBコースに替わって、今年の函館開催では最も時計が速かった1回函館2週目と同じレベルに戻ったと言える。函館は今週が最終日となるが、雨の影響が無ければ、速めの時計の出るコンディションが続くんじゃないでしょうか。連対馬を見ても、傷んでいない馬場らしい傾向と言うべきだろうか、内を立ち回った馬が優勢で、この点も一転するとは考えにくい。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒1の馬場差だった先週土曜を除けば、マイナス0秒8かマイナス0秒7の馬場差。
 土曜は稍重だったが、前開催から続く良馬場の馬場差よりも若干速いレベルで、1回開催の開幕週みたいな超高速馬場ではなかった。日曜は稍重が残ったが、連続開催の良馬場の水準に戻ったと言えるだろうか。なお、日曜は馬場発表は変更されているが、馬場差は変動ではなく一定とした。土曜は全てのレースで逃げ馬か先行馬が連対しており、引き続き前有利の傾向。また、土日で3勝しているマクリ。この戦法も目立つ週だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/07/13 (日)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 オープンザウェイ    牡2 未勝利 1:11.1 ±0 ± +0.8 -0.8 92   E C
3R T1200 プラチナブロンド    牝3 未勝利 1:09.2 -1.4 ± -0.6 -0.8 106   B C
5R T2000 ビレッジソング    牝3 未勝利・牝 2:02.3 -0.9 ± +0.5 -1.4 95   D D
8R T1200 ラインハート    牝3 500万下 1:09.6 -0.4 ± +0.4 -0.8 96   D D
9R T1800 ディオジェーヌ    牝4 500万下・牝 1:48.3 -1.0 ± +0.3 -1.3 97   C C
10R T2600 ラブラドライト    セ5 北海H1000 2:39.5 -2.4 ± -0.6 -1.8 106   B C
12R T1200 エポワス    セ6 道新スポ1000 1:10.3 +0.7 -0.3 +1.2 -0.8 88   S C

2014-07-13 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 オンワードハンター    牡3 未勝利 1:46.7 -1.1 ± -0.3 -0.8 103   C C
4R D1700 ワイルドコットン    牡3 未勝利 1:48.2 +0.4 -1.0 +0.2 +0.2 98   C D
6R D1000 アグネスハビット    牡5 500万下 0:59.1 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   D D
7R D1700 ヒミノオオタカ    牡4 500万下 1:46.5 -0.1 ± +0.7 -0.8 93   D D
11R D1700 ロイヤルクレスト    牡6 マリーンH 1:43.4 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C D

         

■ワンポイントアドバイス
1000万下・芝1200mはスロー多し
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。