Victory Road

アダルト動画

2014/07/20 (日)
2014年2回福島6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからプラス0秒5へ変動、日曜がプラス0秒5だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までは終日速い時計の出るコンディションだったが、4日目は雨の影響で水準に近づいて行き、先週も雨のため、土曜後半からプラスゾーンに入った。
 先週からBコースに替わったが、土曜は朝の時点で雨の影響が残っていた上、昼頃さらに雨が降り、さらに時計が掛かった。ただ、6R以降は2000m換算の数値では全てプラス0秒5で変わっていない。そのまま雨が止めば乾いて行ったのかもしれないが、土曜のレース後再び雨が降って、日曜は土曜後半と同じ馬場差となった。なお、連対馬の脚質を見ると、トピックスで取り上げた日曜11Rの勝ち馬マヤノリュウジンは特別な例としても、中団・後方からの差し馬の上位進出が目についた。土日の14鞍の内、11鞍で中団・後方に位置していた馬が連対している。最終週の今週も同じような傾向かなと思うが、ちょっと天候次第の面もあるだろう。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス1秒0からマイナス0秒4へと変動した。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、開催日によって時計の出方が異なる。雨の影響を受けたからと言って、必ずしも脚抜きの良いコンディションにはなっていないので、注意ください。
 先々週は雨の影響を受けても高速化しなかった。ただ、先週は開幕週同様に再び速い馬場になった。土曜は途中で雨が降ったが、時計の出方に影響はなく、馬場差は一定。日曜は終日重発表だったが、馬場差は変動で徐々に時計が掛かって行き、最終レースの頃にはかなり水準に近づいたと言えると思う。逃げ馬の連対は1鞍のみだったが、全てのレースで好位以内につけていた馬が必ず連対していたように、相変わらず前の組有利の傾向が続いている。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/07/20 (日)  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 ジャストドゥイング    牡2 未勝利 1:51.2 +1.6 ± +1.1 +0.5 89   E C
2R T1200 ヤマニンマルキーザ    牡3 未勝利 1:09.9 +0.1 ± -0.2 +0.3 102   C D
5R T1200 コウソクコーナー    牡2 新馬 1:10.4 -0.2 ± -0.5 +0.3 105 B D
7R T1800 サトノスティング    牡3 未勝利 1:49.3 +0.5 ± ±0 +0.5 100   C C
8R T1200 エバーダンシング    牝4 500万下・牝 1:09.9 +0.7 ± +0.4 +0.3 96   D D
9R T2000 ストーミング    牡3 南相馬特500 2:01.9 +1.3 ± +0.8 +0.5 92   D D
11R T1200 マヤノリュウジン    牡7 バーデンH 1:08.8 +0.8 ± +0.5 +0.3 95   D D

2014-07-20 (日)  ダ=-1.0 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1700 グランドエンジェル    牝3 未勝利・牝 1:46.5 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D D
6R D1150 ブルーミーフラワー    牡3 未勝利 1:09.0 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   D C
10R D1150 ラピダメンテ    セ3 鶴ヶ城特1000 1:07.9 ±0 ± +0.3 -0.3 97   D C
12R D1700 ニシノゲンキマル    牡3 500万下 1:46.1 +0.1 ± +0.5 -0.4 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
中京で先行した馬を狙うパート2
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。