Victory Road

アダルト動画

2014/08/02 (土)
2014年1回札幌3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響で土日ともに後のレースの方が時計が掛かっていたが、先週は土日を通して、マイナス1秒6の馬場差で変わりなかった。
 雨が降ったり止んだりで馬場差が乱高下していた1週目と違って、先週は土日とも晴れかつ良馬場。馬場差も土日ともマイナス1秒6だった。前回の放送で乾いた良馬場なら速い時計の出るレベルだろうとした、推測通りだった。土曜ははじめの3つのレース、5R・6R・8Rが逃げ切りで、こういう完全な良馬場なら前有利かた思わせたが、ハイペースになった土曜の10R・11RそしてクイーンSでは差し馬が上位に届いていた。要するに展開次第だったという事。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響で土日ともに変動。特に2日目は乾きかけたところで終盤に再び強い雨が降ったために、特殊な変動となっている。一方先週は水準に近い数値で土日とも変わりなく安定していた。
 雨が降ったり止んだりで馬場差が乱高下していた1週目とは違って、先週は土日とも晴れで良馬場。馬場差も土日ともプラス0秒1だった。良馬場なら水準前後の馬場差になる可能性が高いと考えられるとしていた、前回の放送での推測通りだった。小回りコースのダートなので、当然の事とは言え、4コーナーで前につけている馬の好走が多かった。1着・2着が両方差し・追い込みというレースはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/08/02 (土)  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1200 シンフォニア    牝2 新馬 1:10.2 -0.7 -0.2 +0.1 -1.0 99   C C
6R T2000 ギブアンドテイク    牡3 未勝利 2:01.0 -2.0 ± -0.4 -1.6 104   B C
8R T2600 ゴールドアクター    牡3 500万下 2:42.5 ±0 -1.2 +0.9 -2.1 91   D D
10R T1800 ハギノサキガチ    牡4 石狩特別500 1:47.5 -1.7 ± -0.3 -1.4 103   C C
11R T1200 レッドオーヴァル    牝4 札幌日刊1600 1:08.3 -0.7 ± +0.3 -1.0 97   D C
12R T1800 ブレークビーツ    セ4 日高特H1000 1:48.0 -0.5 ± +0.9 -1.4 91   E C

2014-08-02 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ノブワイルド    牡2 未勝利 0:58.6 -1.6 ± -1.7 +0.1 117 A D
2R D1700 アイリッシュハープ    牝3 未勝利・牝 1:47.9 +0.9 ± +0.8 +0.1 92   D C
3R D1000 ビットアリエス    牝3 未勝利 0:59.6 -0.1 ± -0.2 +0.1 102   C C
4R D1700 マイフリヴァ    牡3 未勝利 1:47.0 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
7R D1700 ナンヨーカノン    牝4 500万下・牝 1:46.1 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C D
9R D1700 ベルウッドテラス    牡4 500万下 1:46.3 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   C C

         

■ワンポイントアドバイス
2階級降級は有利なのか?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。