Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/08/10 (日)
2014年2回小倉4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3からプラスマイナスゼロへと変動、日曜はプラス0秒2からプラス1秒5へと変動した。ここまでの馬場差を振り返っておくと、4日間全て変動と珍しい開催となっている。3日目つまり先週土曜を除けば、後になる程時計が掛かっていくという変動だった。
 先週は金曜まで毎日雨が降っていたが、土曜は曇りで稍重止まりとなった。少しずつ乾いて馬場差は変動だが、1Rと2Rがプラス0秒3、7R以降は全てプラスマイナスゼロという緩やかな変動だった。日曜は雨が降り続いて、特に午後からは強く降った。馬場差は1Rがプラス0秒2、7Rでプラス0秒5とここまでは、段階的に緩やかな変動だったが、9Rがプラス0秒7。そして10Rプラス1秒0、11Rプラス1秒5とここで一気に時計が掛かるようになった。日曜の10R以降は内がかなり悪化していたようで、直線で外を通った馬の伸びが目立った。なお、日曜は4コーナーからゴールに向かって、向かい風が吹いていた。という事はコーナー2回の1200mとコーナー4回の中距離では風の影響が違うが、馬場差を中距離と短距離で分けるほどの影響はなく、しかもその影響は変動の馬場差に含めてある。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス1秒1からマイナス2秒3へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で、3日目以外は変動となっている。この開催では馬場発表が良だった事はなく、脚抜きの良いコンディションとなっている。
 土曜は1日を通して重馬場で、馬場差はマイナス1秒4という高速馬場だった。日曜もずっと重馬場だったが、8Rまでが小雨で、その後は強めの雨が降ったため、馬場差は変動となった。2Rと3Rはマイナス1秒1で、土曜より水準方向に戻っていたが、8Rはマイナス1秒6、そして最後の12Rはマイナス2秒3と一気に高速化。特に12Rは超高速馬場だった。土曜日は1700mで差しが決まっていて、超高速馬場の日曜12Rは11番人気の差し切り勝ち。ダートの高速馬場は前残りというのはよく言われるが、正しくなくて、ダートはそもそも馬場状態を問わず基本的に先行馬が有利。むしろこういう高速馬場の方が切れる差し馬が力を発揮したりするもの。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/08/10 (日)  芝=+0.2 → +1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 オールオブユー    牝2 未勝利 1:09.9 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D D
5R T1800 ダノンメジャー    牡2 新馬 1:51.3 +2.3 -0.6 +1.4 +0.3 86 S C
6R T1200 デイドリーム    牝2 新馬・牝 1:10.0 +0.4 ± +0.2 +0.2 98   C D
7R T2000 ピエールドリュヌ    牝3 未勝利 2:01.3 +0.5 ± ±0 +0.5 100   C D
9R T1800 マトリックスコード    牡4 足立山特500 1:49.3 +2.2 -0.6 +1.0 +0.6 90   E D
10R T1200 ゴールデンムーン    牝5 メイショ1000 1:09.1 +1.0 ± +0.4 +0.6 96   D C
11R T2000 サトノノブレス    牡4 小倉記念HG3 1:59.8 +2.0 ± +0.5 +1.5 95 D C

2014-08-10 (日)  ダ=-1.1 → -2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 ナリタモード    牝3 未勝利 0:58.6 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C D
3R D1700 トリビューン    牡3 未勝利 1:45.4 -1.1 ± ±0 -1.1 100   C C
8R D1700 キャニオンバレー    牝4 500万下・牝 1:44.1 -1.3 ± +0.3 -1.6 97   C D
12R D1700 エルフショット    セ4 指宿特別500 1:43.0 -2.4 ± -0.1 -2.3 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
サトノアラジン
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。