Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/08/16 (土)
2014年2回小倉5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒3だった。ここまでの6日間を振り返っておくと、前半2週は雨のために全て馬場差が変動で、特に4日目後半は時計の掛かるコンディションになった。そして先週は土日とも水準よりやや時計の出るコンディションだった。
 金曜から土曜の早朝まで雨が降っていて、土曜は稍重でスタートして11R以降は良馬場だが、時計の出方は変わっていなかったと判断した。しかも馬場差マイナス0秒1で時計の掛かる馬場にはなっていなかった。日曜は土曜よりも乾いて、良馬場でマイナス0秒3。ただし、マイナスの数値だが、高速馬場という訳ではない。先週でAコース3週目、先々週の日曜後半ほどではなかったが、土曜も日曜も後半のレースほど外が伸びる傾向だった。逃げて、馬場の中程に持ち出して来るケースも目立った。今週はAコース4週目で恐らく外差し傾向がさらに強まる。そして来週からBコースに移るので、そこでまた傾向が変わる可能性がある。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス2秒2へと変動、日曜がマイナス1秒5だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で初日11R以降はマイナス1秒を超え、脚抜きの良いコンディションとなっている。
 土曜早朝までの雨によって土曜は不良馬場でスタート。そして5R以降は重馬場だが、後半含水率が下がるにつれて速い時計が出るようになった。具体的には2Rがマイナス1秒4、10Rがマイナス2秒2。先週は新潟もそうだったが、水が浮くような不良馬場でスタートするとよくあるパターンの変動。日曜は重馬場から稍重へと変化したが、馬場差は変動ではなくてマイナス1秒5。これは土曜の前半とほぼ同じだが、土曜の前半…(すいません、ここから録画したデータが飛んでしまって不明)。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/08/16 (土)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 クリノヤクマン    牡2 未勝利・九 1:09.5 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C E
3R T1200 ユウキファイン    牝3 未勝利 1:08.9 -0.2 ± -0.1 -0.1 101   C C
6R T2000 シホウ    牡3 未勝利 2:00.7 -0.1 ± ±0 -0.1 100   C D
8R T1800 ロードハリケーン    牡5 500万下 1:46.9 -0.2 ± -0.1 -0.1 101   C D
9R T1200 レオパルディナ    牝2 フェニッ 1:09.0 +0.5 ± +0.6 -0.1 94   D D
11R T2000 アドマイヤギャラン    牝5 博多SH1600 1:58.7 +0.2 ± +0.3 -0.1 97   C C
12R T1200 フェブノヘア    牝3 500万下・牝 1:08.7 +0.2 ± +0.3 -0.1 97   D D

2014-08-16 (土)  ダ=-1.4 → -2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 グッドタイムロール    牝3 未勝利・牝 1:45.1 -1.4 ± ±0 -1.4 100   C C
5R D1000 メイショウマサカゼ    牡2 新馬 0:59.1 -0.7 ± +0.2 -0.9 98   C D
7R D1000 ミキノグランプリ    牡3 未勝利 0:57.7 -1.4 ± -0.3 -1.1 103   B C
10R D1700 ブルーチッパー    牝4 宮崎特別1000 1:42.0 -2.6 ± -0.4 -2.2 104   B C

         

■ワンポイントアドバイス
短距離における▲の有効性など
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。