Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/08/17 (日)
2014年2回新潟6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒2からプラス1秒6、そしてプラスマイナスゼロへと変動。日曜がプラスマイナスゼロからプラス0秒3、そしてプラスマイナスゼロへと変動。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は速めの時計が出るレベルだったが、2週目以降は雨の影響を受けている。特に5日目は5Rまで時計が掛かっていた。直線1000mについては5日目を除くと水準か水準に近いレベル。
 まず土曜日は朝レースが始まる前に大雨になって、昼前まで雨が降り続いた。2000m換算の馬場差は2Rがプラス1秒2、4Rと5Rがプラス1秒6。新潟の芝というのは水はけが良くて、一昨年ほどではないが、雨が止んでしまえばある程度までの馬場回復は早い。そのため7Rの直線1000mはプラス0秒5と一気に水準レベルに近づき、9Rでプラス0秒4、10Rでプラス0秒2、11Rでプラスマイナスゼロだった。
日曜1Rは土曜11Rと同じ稍重で馬場差もその土曜11Rと同じプラスマイナスゼロだった。土曜と同じように午前中は雨で、5Rから9Rまで重馬場だが、土曜ほど急激に時計が掛かるようになった訳ではなくて、馬場差は5Rでプラス0秒3。その後は緩やかに水準方向に動いて、9R以降はプラスマイナスゼロ。つまり1Rと同じ馬場差まで戻った。
前が有利とか差しが効くとか、そういう分類ではなくて、雨が降っている最中の馬場は切れ味を発揮できないというような状態だったようで、結果的に前残りが多かった。雨が降っていないときは、かなりの超スローでもない限り差し馬も上位に来ていた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス1秒3へと変動、日曜がマイナス1秒0からマイナス1秒5へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておく、まず1800mは2日目を除けば全てマイナスの数値。雨の影響で同じ日でも時計の出方が異なるケースが目につく。また、1週目は良馬場発表ではあったが、土日で時計の出方が異なるので注意。1200mはここまで全てマイナスゾーンで、2週目・3週目は開幕週よりも時計が出やすくなった。先週については、土曜の方が一層時計の出やすいレベルだった。
 土曜日は朝の大雨で前半のレースは水が浮いていた。そのため1800mに関しては前半の方が時計の掛かる馬場で、3Rはマイナス0秒7、6Rはマイナス1秒1、8Rはマイナス1秒3だった。1200mは結果的に変動にはなっていないが、1Rは水が浮いた不良馬場、12Rは重馬場と馬場状態は違った。もし5R辺りにダート1200mが組まれていれば、変動になっていたと思われる。
日曜も途中で雨が止むという天候だったが、1800mはやはり前半の方が時計が掛かり、3Rがマイナス1秒0、そして10Rがマイナス1秒5でここが先週では最も速い時計が出る状態だった。1200mは馬場差マイナス0秒6で、土曜日よりも時計が掛かっているが、これも10R以降にダート1200mが組まれていれば、変動になっていたはず。
元々先行有利の新潟ダートとしても前残りが多かったが、馬場が影響したかなとちょっとそこは判断しない。ただし、水が浮いている様な不良馬場だと逃げてしまうと泥水をかぶらずに済むという、そういう利点はあったかもしれない。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/08/17 (日)  芝=±0 → +0.3 / 直=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 デュアルメジャー    牡2 未勝利 1:23.3 +0.3 ± +0.3 ±0 97   D C
5R T1800 ミッキーユニバース    牡2 新馬 1:48.8 +0.4 -0.4 -0.3 +0.3 103   C C
7R T1800 レイヌドネージュ    牝4 500万下・牝 1:47.9 +1.4 -0.8 +0.4 +0.2 96   D C
8R T1400 サンマルホウセキ    牝3 500万下 1:21.5 -0.2 ± -0.3 +0.1 103   B C
9R T1200 フギン    牝4 飯豊特別1000 1:09.4 +0.8 -0.3 +0.5 ±0 95   D D
11R T1600 クラレント    牡5 関屋記念G3 1:32.5 +0.4 ± +0.4 ±0 96   D C
12R T1000 タニセンヴォイス    牝5 500万下・牝 0:55.5 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C D

2014-08-17 (日)  ダ=-1.0 → -1.5 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 ソアリングホーク    牡3 未勝利 1:12.2 -0.4 ± +0.2 -0.6 98   C D
3R D1800 アクシア    牡3 未勝利 1:52.9 -0.9 ± +0.1 -1.0 99   C D
6R D1200 グラスエトワール    牝2 新馬 1:12.8 -0.6 ± ±0 -0.6 100   C D
10R D1800 ゴールデンヒーロー    牡4 瀬波温H1000 1:50.2 -1.8 ± -0.3 -1.5 103   C C

         

■ワンポイントアドバイス
短距離における▲の有効性など
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。