Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/08/23 (土)
2014年2回札幌1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒4だった。連続開催ですので、まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差だが、週単位で見ると水準に近づいている。
 土曜は稍重でスタートして5R以降は良馬場だが、Cコースの初日なのにAコースの4週目だった1週前より時計の掛かる馬場だった。なお、馬場差は1日を通した数値。土曜の夜にも雨が降って、日曜もそう回復せず、結局土日でほぼ同じ馬場差だった。Cコースの1週目だったが、前残りが頻発するというそういう馬場ではなくて、マクり気味に上がって行って4コーナーで前を射程圏に入れていれば、差せない馬場ではなかった。この後最終週までCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス0秒7だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、週によってあるいは開催日によって時計の出方が異なるが、良馬場に限れば水準に近いレベルで推移している。
 土曜は重馬場でスタートして、午後は稍重。そして馬場差マイナス1秒4という高速馬場だった。稍重でスタートして10Rだけ良馬場の日曜は、水準方向に動いたけども、馬場差マイナス0秒7とまだ速い時計の出る状態だった。どちらも変動ではなく、1日を通した数値で、ややこしい馬場差の推移とか変動が多かった、先週の中では最もわかりやすくてシンプルな馬場差だった。多くのレースで逃げ・先行馬が2着以内に入っているが、ほぼ毎週言っているが、札幌のダートはこれが普通で、高速馬場だったために前残りだったという事ではない。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/08/23 (土)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 テイエムダンシング    牡2 未勝利 1:10.9 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D C
5R T1500 アルマワイオリ    牡2 新馬 1:31.1 -0.2 -0.7 -0.7 -0.2 107   B C
6R T1200 ボンセジュール    牝3 未勝利 1:10.0 -0.3 ± -0.1 -0.2 101   C D
10R T1800 アドマイヤアロマ    牝3 十勝岳特500 1:49.3 +0.1 -0.3 +0.1 -0.3 99   C C
11R T2000 アズマシャトル    牡3 TVh賞1600 2:01.4 +0.7 -0.3 +0.7 -0.3 93 D C
12R T2600 ゴールドアクター    牡3 支笏湖特1000 2:44.2 +2.4 -1.2 +1.6 -0.4 84   S C

2014-08-23 (土)  ダ=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ディアドムス    牡2 未勝利 1:46.2 -1.9 ± -0.5 -1.4 105   B C
3R D1700 エヴォリューション    牝3 未勝利・牝 1:46.4 -0.6 ± +0.8 -1.4 92   D D
4R D1700 ラストダンサー    牡3 未勝利 1:45.5 -1.5 ± -0.1 -1.4 101   C C
7R D1000 タサジャラ    牡4 500万下 0:58.3 -0.8 -0.1 -0.1 -0.7 101   C D
8R D1700 カネコメオスター    牡3 500万下 1:46.5 +0.6 -0.4 +1.6 -1.0 84   S D
9R D2400 コスモナイスガイ    牡4 500万下 2:33.1 -1.6 ± +0.4 -2.0 96   C D

         

■ワンポイントアドバイス
着順は必ずしも適性を示さない
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。