Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/08/30 (土)
2014年2回札幌3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておく。1回開催後半と比較するとこの開催は水準寄りになっている訳だが、全てマイナスの数値で、ほとんど動きはない。
 先週の馬場差は1週前の日曜日と同じだが、その1週前は雨の影響を受けていた。先週は雨は降っていないという事は、Cコース2週目で芝が少し傷んだためだと思う。ただし、傷みの進行は遅くて、今年最後となる今週はCコース3週目となるが、雨が降らなければマイナスの馬場差となりそう。後方から直線勝負では流石に厳しかったが、4コーナーでマクり気味に上がって行けば、直線で外へ行っても間に合うこともあった。ただし、内を通るとダメという事ではなくて、内を通った方がもちろん有利ではある。今週も外有利と、そこまではならないと思う。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、終日良馬場の日は水準に近いレベルで、雨の影響を受けると時計が出やすくなっている。
 先週は土曜と日曜で馬場差は異なるが、普通の良馬場ならだいたい水準前後の馬場差になるという今年の札幌ダートの傾向から大きくは外れていない。4コーナー先頭の馬が2着以内に残っていないレースの方が少なくて、これまたいつも通りの札幌ダートだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/08/30 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1500 タマモルミエール    牝2 未勝利・牝 1:30.9 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C C
5R T1200 タマモクラリティー    牝2 新馬 1:11.2 +0.3 -0.2 +0.3 -0.2 97   D D
6R T2000 ビキニスタイル    牝3 未勝利 2:02.9 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   C D
10R T1500 ニシノミチシルベ    牝3 千歳特別500 1:29.0 -0.6 ± -0.3 -0.3 103   B C
11R T1800 ショウナンバーキン 牝4 HTBH1000 1:48.8 +0.3 -0.3 +0.4 -0.4 96   D C
サングラス 牡3
12R T2600 オムニバス    牡4 積丹特別500 2:42.8 +0.3 ± +0.8 -0.5 92   D C

2014-08-30 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 ピサノナイトレイ    牝3 未勝利 0:59.4 -0.3 ± -0.2 -0.1 102   C C
3R D1700 デルマシズカチャン    牝3 未勝利・牝 1:47.9 +0.9 ± +1.0 -0.1 90   E D
4R D1700 リリークライマー    牡3 未勝利 1:46.6 -0.4 ± -0.3 -0.1 103   C C
7R D1700 ベルフィオーレ    牝3 500万下・牝 1:45.3 -0.6 ± -0.5 -0.1 105   B D
8R D1000 エリモフェザー    牝4 500万下 0:59.1 ±0 ± +0.1 -0.1 99   C D
9R D1700 スワンボート    牡4 500万下 1:46.7 +0.8 ± +0.9 -0.1 91   E D

         

■ワンポイントアドバイス
経験がない=可能性がある
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。