Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/08/31 (日)
2014年2回新潟10日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5。直線1000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は速めの時計が出るレベルだったが、3日目以降は雨や風の影響で馬場差が安定しなかった。そして先週は、開幕週以来となる土日ともに同じ数値でマイナスゾーンだった。直線1000mについても、土日ともにマイナスの数値だったのは開幕週以来となる。
 土曜の朝早く小雨が降っていた。芝に関しては影響がなく、先週の馬場差は土日とも1週前の土曜日、つまり7日目と同じだった。開幕週の馬場差がマイナス0秒7だったので、雨の影響さえなければ、開幕週からほとんど変わっていないという事になる。この後3回新潟を含めて、さらに5週にわたってAコースが使用されるが、急激に時計が掛かるようにはならないと推測する。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておく。1800mについては、前半の3週は2日目を除けばマイナスの数値だったが、7日目以降は全てプラスになっている。一方1200mはここまで全てマイナスゾーンで、総じて速めの時計が出るコンディション。
 土曜の早朝に小雨が降っていて、朝一番の馬場発表は稍重だったが、朝6時半に良馬場へと変更になった。その後は雨は降らなかった。で、1800m・1200mともに土曜の方が速い時計が出る状態だったのは、この土曜早朝の雨の影響だが、どちらにしても1200mも1800mも土日の差は小さい。毎度の事だが、新潟ダートらしく前残りの傾向で、土曜9Rのマルケサスとか、土曜11Rのヴォーグトルネードといった人気の追い込み馬が届かなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/08/31 (日)  芝=-0.5 / 直=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1000 ヴィクトリースノー    牝2 未勝利 0:55.8 -0.4 ± -0.2 -0.2 102   C E
3R T1600 マサノマリリン    牝3 未勝利 1:34.4 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C C
5R T1600 サンマルティン    牡2 新馬 1:36.7 +1.1 -1.0 +0.5 -0.4 95 D C
6R T2000 キュリオスティー    牝3 500万下 1:59.2 -0.8 ± -0.3 -0.5 103   C D
7R T1200 エターナルムーン    牝4 500万下 1:09.2 +0.2 ± +0.5 -0.3 95   D D
9R T2000 ミエノキセキ    牡6 信濃川H1000 1:59.0 -0.3 -0.5 -0.3 -0.5 103   C C
10R T1400 サクラアドニス    牡6 朱鷺S 1:20.8 +0.6 ± +1.0 -0.4 90   E D
11R T1600 ミュゼスルタン    牡2 新潟2歳G3 1:33.4 -0.8 ± -0.4 -0.4 104 B C

2014-08-31 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 デザートオブムーン    牝3 未勝利・牝 1:54.3 +0.5 ± +0.2 +0.3 98   C D
4R D1800 リースリング    牝3 未勝利 1:54.9 +1.1 ± +0.8 +0.3 92   D D
8R D1800 インストレーション    牡3 500万下 1:53.4 +0.6 -0.3 ±0 +0.6 100   C D
12R D1200 ヒカルソラフネ    牡5 500万下 1:11.7 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
経験がない=可能性がある
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。