Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2014/09/06 (土)
2014年2回札幌5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がプラス0秒3だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、5日目つまり先週土曜まではマイナスの数値だったが、日曜はプラスの数値となった。
 木曜から金曜にかけての雨は影響がなくて、土曜の馬場差は1週前と同じだった。日曜も良馬場だが、馬場差はプラス0秒3。恐らくこれは日曜の朝に降った雨の影響と考えられる。土日とも良馬場ながら馬場差が0秒7も違うというところが先週の注意点となる。洋芝のコースというのは雨の影響が他のコースよりもちょっと大きく出る事が多いので、馬場発表が同じでも馬場差が結構違うという事は珍しくない。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒2だった。こちらもまずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、2回開催1週目特に初日は雨の影響でかなり速い時計の出るコンディションだったが、他の3週については水準か水準に近いレベルでの推移となっている。
 日曜日の朝に雨が降って芝は土日で馬場差が大分異なっていた。ならば、ダートは日曜の方が高速馬場なのかなと思いきや、これが逆だった。日曜の方が少しではあるが、時計の掛かる馬場だった。土曜よりも日曜の方が水分が含んでいたと考えられるが、馬場差は遅くなるというちょっと希なケースだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/09/06 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1800 マイネルポルトゥス    牡2 未勝利 1:51.1 +0.3 -0.6 +0.1 -0.4 99   C C
5R T1500 ダイトウキョウ    牡2 新馬 1:32.3 +1.0 -0.5 +0.8 -0.3 92   S C
6R T1200 アルティマプリンス    牡3 未勝利 1:10.2 -0.1 ± +0.1 -0.2 99   C C
8R T2000 コーディリア    牝5 500万下 2:00.9 -1.2 ± -0.8 -0.4 108   B C
10R T1200 ユキノアイオロス    セ6 摩周湖H1000 1:09.0 -0.4 ± -0.2 -0.2 102   C C
11R T1800 ブライトエンブレム    牡2 札幌2歳G3 1:50.0 +0.4 ± +0.8 -0.4 92   D C
12R T2000 プレミアムタイム    牡5 道新スポ1000 2:02.4 +1.0 ± +1.4 -0.4 86   E C

2014-09-06 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 マイネルオフィール    牡2 未勝利 1:46.7 -1.4 ± -1.4 ±0 114   A C
3R D1000 ナガラブルボン    牡3 未勝利 0:59.9 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C C
4R D1700 サンアナハイム    牡3 未勝利 1:47.3 +0.3 ± +0.3 ±0 97   C C
7R D1700 ファイトユアソング    牝3 500万下・牝 1:46.0 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C C
9R D1700 エルヘイロー    牡6 500万下 1:46.3 +0.4 ± +0.4 ±0 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
まだ続く新潟開催
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。