Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/09/14 (日)
2014年3回新潟2日目

■馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロでスタートしてプラス1秒7、そして設定不能へと変動、日曜がプラス0秒3。直線1000mは土曜はレースがなく、日曜の馬場差はプラス0秒3だった。連続開催なので、まずはここまで12日間の馬場差を振り返っておく。雨の影響で時計の出方が安定しない。前開催終盤はマイナスゾーンだったが、再び雨の影響を強く受けた。
 土曜は朝の時点で先々週よりも時計が掛かっていた。そして6Rでちょっと小雨が降ったが、9Rから本格的な雨になってトピックで触れたように馬場発表は9Rまでは良馬場だったものの、11Rでは一気に不良馬場になった。馬場差は8Rまではプラスマイナスゼロで、9Rは一気にプラス1秒7、そして11Rは設定不能。日曜はダートの1Rでやや強い雨が降ったが、2R以降は晴れで、芝は稍重から途中で良に変更されたが、馬場差は終日プラス0秒3。
馬群のインが開けるか開けないか結構あった。土曜8Rまで馬群は普通にインを進んでいたが、9Rでは直線はインを開けて少し外めに持ち出す競馬になった。そして11Rの紫苑Sでは4コーナーでインを開ける馬も目立つようになって、直線は4・5頭分内を開ける競馬になった。そして日曜だが、2Rは直線1000m。4Rでこそ通常のコース取りだったが、5R以降は各馬傷んだインを大きく開けるようになって、京成杯AHは直線では最内ピッタリをサトノギャラントが突いて、ちょっとびっくりしたが、この馬以外は7・8頭分インコースを開ける競馬という事になった。7週間もこれまで使った事によって、インがかなり傷んできているが、この後3週間も同じくAコース。馬場の傷みには引き続き注意を要する状態。特に直線1000mだが、外枠有利な状況がずっと続いている。枠順を抜きにしては馬券が買えない状況と言えるかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒7からマイナス1秒3へと変動、日曜がプラスマイナスゼロ。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4からマイナス1秒3へと変動、日曜がマイナス0秒4だった。まずはここまで12日間の馬場差を振り返っておく。1800mは前開催2週目・3週目は時計が出やすいコンディションだったが、その後プラスの数値が3週続いた。そして先週は土曜午後の雨で時計の出方は大きく動いた。一方1200mは前開催11日目12Rを除くとマイナスゾーンで、総じて速い時計の出るコンディション。
 土曜は良馬場でスタート。1800mの3R・7Rはプラス0秒7の馬場差だったが、その後雨の影響で一気に高速化して10Rはなんとマイナス1秒3になった。一方1200mの馬場差は6Rがマイナス0秒4だが、こちらもその後高速化して、12Rはマイナス1秒3となっている。日曜は1800m・1200mとも1日を通じて同じ馬場差で土曜の終盤よりは時計が掛かった。脚質的には土曜の5鞍全てで逃げ馬が連絡み。好位勢の活躍も目立った。乾いた日曜も1R・3Rは中団にいた馬同士の決着だったが、6R・7R・8R全てで逃げ馬が連絡みしている。必ずしも雨が降ったから逃げ馬が有利とは言えないが、水が浮くような馬場だった土曜の10R・12Rは明らかに逃げ馬有利だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/09/14 (日)  芝=+0.3 / 直=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1000 タタラ    牡2 未勝利 0:56.8 +0.6 ± +0.3 +0.3 97   D D
4R T1600 ダークファンタジー    牡3 未勝利 1:34.9 +0.3 ± +0.1 +0.2 99   C C
5R T1800 ダイワダーウィン    牡2 新馬 1:51.0 +2.6 -1.5 +0.8 +0.3 92   D C
9R T2000 グレイスフラワー    牝5 火打山特1000 1:59.5 +0.2 -0.5 -0.6 +0.3 106 B C
11R T1600 クラレント    牡5 オータムHG3 1:33.3 +1.2 -0.7 +0.3 +0.2 97   C C
12R T1400 コスモエルデスト    牝3 500万下 1:21.8 +0.1 ± -0.1 +0.2 101   C C

2014-09-14 (日)  ダ=±0 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 タイセイアニマート    牡2 未勝利 1:55.0 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C E
3R D1800 ヘルツフロイント    牡3 未勝利 1:54.8 +1.0 ± +1.0 ±0 90   E D
6R D1800 ストロングトリトン    牡2 新馬 1:55.2 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C D
7R D1200 ハニーバニー    牝4 500万下・牝 1:11.4 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C D
8R D1800 メジャープレゼンス    牡4 500万下 1:52.9 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C D
10R D1200 モグモグパクパク    牡4 上越SH1600 1:10.5 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
阪神ダート1200mと1400mの違い
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。