Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/09/28 (日)
2014年4回阪神6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台でかなり速い時計の出るコンディションが続いている。
 開催3週目だが、水曜日に24ミリ、木曜日に55ミリもの雨が降ったが、発表は良に回復していた。さらに先週からBコースに変わった事で、今開催で最も速い時計の出るコンディションになった。Bコースになった事も影響しているのか1秒を超えるようなペース補正の入るレースはなかった。その結果タイムランクがSになったのも1つだけ。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、先週土曜以外はマイナス0秒8かマイナス0秒7。
 水曜・木曜と降った雨の影響で土曜は速い時計の出るコンディションだった。それと比べれば日曜は乾いて、先々週のレベルに戻った。先々週後方や中団の馬の連対が目立ったが、先週は先行・好位勢が優勢となった。11レースあったので計22頭の連対馬の内、中団にいた馬が6頭。後方がゼロで、逃げが3頭、先行7頭、好位6頭と基本的には前につけないと勝負圏にはないというダートになった格好。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/09/28 (日)  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1400 ウインソワレ    牝2 未勝利 1:21.4 -1.8 ± -0.7 -1.1 107   B C
5R T1600 プリメラアスール    牝2 新馬 1:35.8 -0.4 -0.4 +0.5 -1.3 95   D D
7R T2000 アグリッパーバイオ    牡3 500万下 2:01.5 +0.6 -0.7 +1.5 -1.6 85   S C
9R T1600 フルーキー    牡4 甲東特H1000 1:32.6 -1.4 ± -0.1 -1.3 101 C D
10R T2000 エイシンヒカリ    牡3 ムーンH1600 1:59.6 +0.1 ± +1.7 -1.6 83   E C
11R T2400 ワンアンドオンリー    牡3 神戸新聞G2 2:24.4 -1.4 -0.3 +0.2 -1.9 98   C C

2014-09-28 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 キモンダッシュ    牡2 未勝利 1:12.8 -0.7 ± -0.2 -0.5 102   C D
3R D1800 エクストレミティー    牡3 未勝利 1:54.5 +0.4 ± +1.2 -0.8 88   E D
6R D1400 アンナミルト    牝3 500万下・牝 1:23.9 -1.0 ± -0.4 -0.6 104   B C
8R D1800 セルリアンサーロス    牡4 500万下 1:52.7 -0.4 ± +0.4 -0.8 96   D D
12R D1200 スマートアレンジ    牝4 1000万下 1:11.7 ±0 ± +0.5 -0.5 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
新潟の内回りと外回りの違いに改めて注意
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。