Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/10/05 (日)
2014年4回阪神8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだった。さらにマイナス1秒6からマイナス1秒3の間での推移で、時計の出方も安定していた。
 速い時計の出るコンディションだった。阪神では日曜に一時的に雨が降ってはいたが、時計の出方に影響を及ぼすほどではなく、土日とも同じ数値。また、台風の影響か強風ではあったが、風のために時計が掛かるというようにはなっていなかった。ただ、連対馬の脚質を見ると土曜12R、そしてトピックスで挙がっていたスローペースの日曜10Rの1・2着馬以外は全て、好位か中団に位置していた馬。つまり、外回りの連対は全て好位・中団の馬だったという、前へ行っても後方に控えてもダメだったという事になる。これだけ偏るのは珍しいので、この脚質分布には風が影響していたのかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒2だった5日目を除けば、全てマイナス0秒8かマイナス0秒7でほとんど動きが無く安定していた。
 5日目以外は全く安定していた。それも水準よりかなり速い馬場差となっていた。連対馬の脚質は週によって若干差はあったものの、全体を通して考えると阪神らしく差しも十分に効く馬場だったと言えるだろう。とにかく4回阪神は時計比較がしやすい開催だったと覚えておいてください。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/10/05 (日)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T2000 クラージュシチー    牡2 未勝利 2:01.1 -1.5 ± -0.1 -1.4 101 C D
5R T1400 ユキノカトレア    牝2 新馬 1:23.0 -0.4 ± +0.6 -1.0 94   D D
7R T1800 セウアズール    牝3 500万下 1:45.5 -1.8 -0.3 -0.8 -1.3 108   B C
9R T2400 ユキノサムライ    牡5 兵庫特H1000 2:25.8 -0.6 -0.3 +0.8 -1.7 92   D C
10R T1200 ラインスピリット    牡3 道頓堀S1600 1:08.9 +0.4 -0.7 +0.5 -0.8 95   D D
11R T1600 オリービン    牡5 ポートア 1:33.9 +1.1 -0.8 +1.4 -1.1 86   S D

2014-10-05 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 アイファーサラオー    牡2 未勝利 1:26.6 +0.2 ± +0.8 -0.6 92   E D
3R D1800 ワンダーバイファル    牡3 未勝利 1:54.5 +0.4 ± +1.2 -0.8 88   E D
6R D1200 アサケゴマ    牝4 500万下・牝 1:11.2 -1.1 ± -0.6 -0.5 106   B D
8R D1800 メイショウテンシュ    牡4 500万下 1:52.7 -0.4 -0.7 -0.3 -0.1 103   C D
12R D1800 メイショウスミトモ    牡3 1000万下 1:51.3 -1.0 ± -0.2 -0.8 102   C C

         

■ワンポイントアドバイス
ヌーヴォレコルト&ワンアンドオンリー
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。