Victory Road

アダルト動画

2014/10/13 (月)
2014年4回東京3日目

■馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の数値は土曜・日曜はマイナス1秒5、月曜はマイナス1秒4からマイナス1秒2へと変動した。
 3回東京開催最終週から3ヶ月半ほど間隔が開いての開幕週で、しかも土日は完全な良馬場でしたから、速い時計の出る馬場コンディションだった。月曜日は朝から小雨が降ったり止んだりという天候でしたが、時計の出方が劇的に変わるような雨の量ではなく、2Rから10Rまでは一定の馬場差で、しかも土日と0秒1しか違わなかった。稍重の月曜12Rは10Rまでより少し時計の掛かる馬場にはなったが、それでもまだ馬場差はマイナス1秒2。3日間を通して秋の開幕週らしい、速い時計の出る馬場だったという事だったが、前残りが顕著だった訳でもありませんし、内に張り付いていないとダメという馬場でもなかった。よほどの超スローペースでなければ各馬が力を出せる状況だったと言える。この開催の3週目7日目までAコースが使用され、天皇賞が行われる4週目にBコースへと変わる。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜・日曜・月曜全てプラス0秒1で水準に近いレベルだった。
 3日間を通して馬場差は一定だった。月曜は朝から小雨が降ったり止んだりだったが、月曜日の朝、雨が降り始める前は土日よりも乾いていた。そこに小雨が降って結局は土日と同じ時計の出方となったという事。その月曜は9Rまで良馬場で11Rだけ稍重だが、馬場差は変動ではなかった。流石東京コースと言うのか、単調な前残り決着は少なくて、特に1400mと1600mでは直線勝負の差し・追い込み馬がよく来ていた。新潟で届かなかった差し馬はしばらく東京では狙い目となりそう。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/10/13 (月)  芝=-1.4 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 ダノンプラチナ    牡2 未勝利 1:35.5 -0.6 ± +0.5 -1.1 95 D D
3R T1800 ニシノオタケビ    牡2 未勝利 1:47.9 -1.3 ± ±0 -1.3 100   C D
4R T1400 アミーキティア    牝2 新馬 1:23.2 -0.4 ± +0.6 -1.0 94   D D
10R T2400 フェデラルホール    牡5 レジェH1000 2:25.2 -1.0 -0.3 +0.4 -1.7 96   C C
12R T1600 ラインハーディー    牝3 500万下・牝 1:33.9 -0.9 ± +0.1 -1.0 99   C C

2014-10-13 (月)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 メジャーフォルム    牝2 未勝利・牝 1:26.5 +0.1 ± ±0 +0.1 100 C D
5R D1600 リンガスアリュール    牝3 500万下・牝 1:39.0 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E E
  
6R D1300 ジョージジョージ    牡4 500万下 1:19.9 +1.4 ± +1.3 +0.1 87   E C
7R D1600 スペースクルーズ    牡3 500万下 1:38.7 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
9R D1600 ワンダーコロアール    牡5 レジェン1000 1:37.2 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C B
11R D1400 ワイドバッハ    牡5 エルコン 1:23.0 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C C

         

■ワンポイントアドバイス
関東圏のダート1400m
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。