Victory Road

アダルト動画

2014/10/26 (日)
2014年4回東京7日目

■馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、ここまで全てマイナス1秒台。特にここ2週は全てマイナス1秒2の馬場差で変わらない。
 先週は火曜・水曜・木曜と雨が降り、土曜日はさらに朝露がたっぷり降りていたという事だが、時計の出方に特に影響はなくて馬場差は2週目と同じだった。内側が緑色ではなくなっているが、これは洋芝の葉っぱの部分が切れて、野芝が見えているだけという事。馬場が傷んでいる訳ではなく、内を通っても不利ではない。今週はその内側の部分がカバーされるBコースに移るが、馬場差が大きくマイナス方向に動くという事はないはず。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週は水準レベルでほとんど動きはないが、先週特に土曜日は速めの時計が出るコンディションになった。
 火曜・水曜・木曜と降った雨の影響が残っていたようで、土曜の午前中は稍重だった。午後は良馬場となったが、馬場差は終日同じでなおかつ1日を通して走りやすく速い時計が出るコンディションだった。日曜日は乾いて馬場差がマイナス0秒3。土曜の6R以降と日曜は同じ良馬場発表だが、馬場差が0秒5違うという事がポイントだと思う。東京ダートとは思えないほど、ちょっと先週は前残りの決着が多かったが、特に500万クラス、福島が始まって頭数が揃わない。しかもスローペースが先週は多かった。という事で、前残りになりやすい馬場という事ではないんだと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/10/26 (日)  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 ディアマイダーリン    牝2 未勝利 1:51.0 +1.8 -1.2 +1.7 -1.1 83   S D
2R T1600 ダイワコンプリート    牡2 未勝利 1:36.3 +0.2 ± +1.2 -1.0 88   E D
4R T1600 ヴァリアントアロー    牡2 新馬 1:38.2 +1.8 -0.9 +1.9 -1.0 81   S D
6R T2000 アルバート    牡3 500万下 2:00.2 -0.6 -0.6 ±0 -1.2 100   C D
8R T2400 ラングレー    牡3 1000万下 2:26.7 +0.5 -1.0 +0.9 -1.4 91   D C
9R T1400 ニシノラッシュ    牡2 くるみ賞500 1:21.7 -1.0 -0.1 -0.3 -0.8 103   B C
10R T1800 ヒュウマ    牡4 甲斐路S1600 1:46.4 +0.1 -0.4 +0.8 -1.1 92   D C

2014-10-26 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1600 キョウエイインドラ    牡2 新馬 1:38.6 -1.5 ± -1.2 -0.3 112 A C
5R D1400 オーゴンボルト    牡3 500万下 1:25.8 +0.9 -0.5 +0.7 +0.2 93   D C
7R D1600 ハナズインパルス    牝4 500万下・牝 1:38.8 +0.8 -0.3 +0.8 ±0 92   D C
11R D2100 マイネルバイカ    牡5 ブラジルH 2:12.0 +2.5 -0.9 +2.0 +0.5 80   S C
12R D1600 シグナルプロシード    牡4 1000万下 1:37.2 ±0 -0.3 ±0 ±0 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
新潟2歳S組の次走
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。