Victory Road

アダルト動画

2014/11/01 (土)
2014年3回福島5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒3へと変動、日曜がマイナス1秒4だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの1秒台で速い時計の出るコンディションだった。
 土曜日は競馬の最中に小雨が降っていて、1日を通して良馬場ではあったが、馬場差は変動となった。1Rと2Rがマイナス1秒6で、これは1週前と比べると0秒1だけ時計の掛かる状態だったが、先々週がAコースで先週はBコース。馬場差がマイナス方向に動いても不思議ではない状況だったので、雨の影響は1Rの時点で少しはあったという事。以後6Rがマイナス1秒5、9Rがマイナス1秒3と徐々に時計の掛かる状態となったが、それでもまだマイナス1秒以上だった。土曜の夜にも雨が降ったが、日曜も良馬場で馬場差はマイナス1秒4。内側の方が緑色が薄くなりつつあるが、内が傷んでいる訳ではなく、しかも今週からの4回開催はCコース使用となる。道悪にならない限りマイナス1秒以上の馬場差のまま5週連続開催が終わりそう。また、この後2週しかないですから、所謂外差し馬場にはなりそうもない。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒1からマイナス0秒2へと変動、日曜がプラス0秒1だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス0秒3からプラス0秒3の間で推移していた。
 土曜は小雨が降っていて、発表は1日を通して良馬場だったが、馬場差は変動だった。変動と言っても、3Rがプラス0秒1、5Rがプラスマイナスゼロ、7Rと8Rがマイナス0秒1で、11Rがマイナス0秒2。変動の幅は小さくて、ずっとほぼ水準の馬場ではあった。土曜の夜にも雨は降ったが、日曜の馬場差はプラス0秒1で土曜の前半と同じ。この開催はだいたい水準の馬場差で安定している。勝ち馬はだいたい前半から前めにつけていた馬か、あるいは向正面とか3コーナーで前に行ったマクリの馬だが、これは福島ではよくある事。土曜の11Rが1000万下の1700mという福島のダートでは最も差しが決まる条件だったが、これは強い馬が前めにつけて1着・2着だった。このレースの上位馬に関しては、先行有利のコースで先行策で好走しただけとは思わない方が良いと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/11/01 (土)  芝=-1.6 → -1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 シラユキ    牝2 未勝利・牝 1:09.1 -1.1 ± -0.1 -1.0 101   C D
2R T1800 ムーンマジェスティ    牡2 未勝利 1:48.9 -0.5 -0.3 +0.6 -1.4 94   D D
6R T2000 アンジュデュバン    牝3 500万下・牝 1:59.9 -0.7 -0.7 +0.1 -1.5 99   C D
9R T1200 サクセスフィリア    牝3 500万下・牝 1:09.2 ±0 ± +0.8 -0.8 92   E D
10R T2600 ピュアソルジャー    牡4 霊山特別500 2:39.3 -1.4 ± +0.3 -1.7 97   C D
12R T1200 サンキストロード    牡4 須賀川特500 1:09.1 -0.1 ± +0.7 -0.8 93   D C

2014-11-01 (土)  ダ=+0.1 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1700 バンブーデルピエロ    牡4 500万下 1:46.2 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C D
5R D1150 グローリアスヴォレ    牝2 新馬 1:10.7 +0.8 ± +0.8 ±0 92   E D
7R D1150 ボーンレジェンド    牝3 500万下 1:09.0 +0.5 ± +0.6 -0.1 94   D D
8R D1700 メイスンウォー    牡4 500万下・若 1:46.1 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C D
11R D1700 ストロングサウザー    牡3 福島放送1000 1:44.9 -0.3 ± -0.1 -0.2 101 C C

         

■ワンポイントアドバイス
超スローの新馬戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。