Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/11/02 (日)
2014年4回京都9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス1秒1だった。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておく。全てマイナスの数値で、台風で代替競馬となった3日目と雨の影響が残った8日目を除けばマイナス1秒を超える数値だった。
 金曜の夜から土曜の午前まで雨が降っていて、その後も急速に乾くことはなかった。良馬場発表ではあるが、今開催の京都芝としては時計が掛かる状態。土曜の夜にも雨が降ったが、日曜の馬場差はマイナス1秒1で土曜よりは速い時計が出る状態。とは言っても完全な良馬場ではなかったはずで、今週はパンパンの良馬場ならマイナス1秒5辺りの馬場差ではないかと推測する。土曜は7レース中6レースで4コーナー3番手以内の馬が勝っているが、7レース中5レースがペース補正が入るというスローペースだった。日曜も先行馬の好走が目立つが、逃げた馬が2着以内に残っている3つのレースは全てスローだった。普通のペースになれば差し馬が届かない馬場ではないということ。今週から2週はBコース、その後の後半2週はCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がプラス0秒1だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、台風の影響で脚抜きが良かった代替3日目を除くと、大きな動きはないが、先週日曜だけはプラスの数値だった。
 金曜の夜から土曜の午前まで雨が降っていたが、発表は良馬場でも馬場差はマイナス0秒4だった。これは今開催のだいたい水準の馬場差。土曜の夜にも雨が降ったが、日曜日は土曜より含水率が下がって馬場差はプラス0秒1。土曜の勝ち馬5頭中4頭、そして日曜の勝ち馬6頭中5頭が4コーナー3番手以内で、マクって4コーナーで前に取り付いていた馬もこの中にはいるが、直線勝負ではなかなか届きにくいという京都のダートらしい結果だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/11/02 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 ティーエスクライ    牝2 未勝利 1:34.7 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C D
5R T1800 ロカ    牝2 新馬 1:50.4 +1.2 -1.2 +1.0 -1.0 90   S C
6R T1400 ユキノカトレア    牝2 500万下 1:21.2 -1.0 ± -0.2 -0.8 102   C D
8R T1600 ミッキーラブソング    牡3 1000万下 1:35.1 +1.2 -0.8 +1.3 -0.9 87   S D
10R T1400 ベルルミエール    牝3 長岡京S1600 1:20.4 -0.4 ± +0.4 -0.8 96   D C
11R T1800 ウインフルブルーム    牡3 カシオペ 1:47.4 +2.1 -0.9 +2.2 -1.0 78   S D

2014-11-02 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ナムラカモン    牡2 未勝利 1:13.7 +0.6 ± +0.5 +0.1 95   D D
2R D1800 エンドオブジアース    牡2 未勝利 1:55.6 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E D
4R D1200 スマートアヴァロン    牡2 新馬 1:13.3 ±0 -0.1 -0.2 +0.2 102   C D
7R D1900 ヴィッセン    牡3 500万下 1:59.5 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C C
9R D1800 シュテルングランツ    牡3 北國新H1000 1:52.3 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D D
12R D1400 ガンジー    牡3 500万下 1:25.0 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
超スローの新馬戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。