Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2014/11/15 (土)
2014年5回東京3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催8日目終盤から9日目を除くと、マイナス1秒台の数値。
 乾いていれば高速馬場になっている。今週から再びコース設定が変わって、Cコースが使用されるので、雨の影響が無ければ引き続き時計の出やすい馬場だと思う。なお、連対馬の脚質・コース取りには偏った傾向は見られなかった。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催後半2週は開催日によって時計の出方が異なるが、この開催に入ってからは水準か、それに近いレベルで安定している。
 連続開催を通じて良馬場なら水準前後の馬場差が続いていたが、先週も土日ともに完全な良馬場だったので、時計の出方に変化はなかった。土曜のタイム差が全てマイナスで、日曜は6R以外全てプラスになっているので、一見土日で馬場差に開きがあるように見えるが、確かに雨の影響を全く受けなくても、土日で馬場差が変化するという事は希にあるが、先週について言えば土曜の方が相対的にレベルが高かったためで、馬場差は変わっていないと判断した。また、先々週ほどではないが、東京にしては中団以降の差し・追い込みの占有率が低くなっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/11/15 (土)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T2000 ノースストーム    牡2 未勝利 2:01.7 -0.8 -1.0 -0.5 -1.3 105   B C
4R T1400 パオロッサ    牝2 未勝利 1:23.1 -0.3 -0.1 +0.5 -0.9 95   D D
6R T1600 エイムハイ    牡2 新馬 1:37.0 +0.6 -0.7 +0.9 -1.0 91   S C
8R T1800 ニシノテキーラ    牝6 1000万下・牝 1:47.2 +0.2 ± +1.4 -1.2 86   E C
10R T1600 スイートサルサ    牝4 ユートピ1600 1:32.1 -1.5 ± -0.5 -1.0 105   B C
12R T1400 ロノ    牡5 1000万下 1:21.6 -0.1 -0.6 +0.2 -0.9 98   C D

2014-11-15 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 パワーポケット    牡2 未勝利 1:39.3 -0.5 ± -0.5 ±0 105 B D
3R D1600 オホーツク    牡2 未勝利 1:39.5 -0.3 ± -0.3 ±0 103   C D
5R D1400 アジアンテースト    牡2 新馬 1:26.4 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C C
7R D2100 トウカイエントリー    牡3 500万下 2:12.0 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C D
9R D1400 ブルドッグボス    牡2 オキザリ500 1:25.0 -0.6 ± -0.6 ±0 106   B C
11R D1600 ワイドバッハ    牡5 武蔵野SG3 1:35.2 -0.4 ± -0.4 ±0 104   B C

         

■ワンポイントアドバイス
プリサイスエンド産駒の出遅れ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。