Victory Road

アダルト動画

2014/11/16 (日)
2014年5回京都4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた前開催8日目とこの開催2日目終盤を除けば、全てマイナス1秒台の数値。
 京都芝も乾いていれば高速馬場という状況が続いている。連対馬の脚質については、好位・中団勢が目につくが特筆する程ではない。コース取りは内めの方が優勢だったが、かと言って外を回ると届かないという訳でもなかった。京都も今週からの2週はCコースが使用されるので、雨が降らない限り時計の出やすい馬場になるだろうと思うが、秋の連続開催終盤は差しが効きやすくなる事もある。傾向の変化には注意しておきたいと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス0秒5からプラス0秒2の間での推移で、速い時計が出るにしても時計が掛かるにしても大きな数値にはなっていない。ただ、先々週については土日ともに良馬場ながら、時計の出方に開きがあった。
 4回開催は8日目までは良馬場でもプラスの馬場差になる事はなかったが、4回開催9日目以降、雨の影響を受けなかった日は全てプラスの数値となっている。面白い事に、京都のダートは東京とは逆で土曜のタイム差は全て水準かプラスとなっているが、日曜はタイム差がプラスのレースが1つも無かった。京都についても、日曜のレベルが高かったためで、土日の馬場差に変化はなかったと判断した。連対馬の脚質を見ると中団・後方からだと全くダメだという事はないが、京都のダートらしく前の組の占有率が高くなっている。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/11/16 (日)  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 アローシルバー    牝2 未勝利・牝 1:34.8 -0.8 ± +0.2 -1.0 98   C C
4R T1400 マイネルレハイム    牡2 未勝利 1:22.1 -0.7 ± +0.1 -0.8 99   C D
5R T1600 アンビシャス    牡2 新馬 1:34.9 -1.0 ± ±0 -1.0 100   C C
8R T2200 マイネルリヒト    牡5 1000万下 2:14.0 +0.9 -0.8 +1.4 -1.3 86   S C
9R T2000 ベルラップ    牡2 黄菊賞500 2:01.9 +0.5 -1.2 +0.5 -1.2 95   D C
10R T1600 アルバタックス    牡4 修学院H1600 1:32.6 -0.7 -0.2 +0.1 -1.0 99   C C
11R T2200 ラキシス    牝4 エリザベG1 2:12.3 +0.9 -0.9 +1.3 -1.3 87   S B

2014-11-16 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 タイユール    牡2 未勝利 1:25.8 -0.2 ± -0.4 +0.2 104 B D
2R D1800 ヒルノデンハーグ    牡2 未勝利 1:54.5 -0.1 ± -0.3 +0.2 103   C D
6R D1200 スマートグレイス    牝2 新馬 1:12.9 -0.4 ± -0.5 +0.1 105 B D
7R D1800 ワールドダンス    牡3 500万下 1:51.7 -0.9 ± -1.1 +0.2 111   A C
12R D1200 ミヤジエルビス    牡4 ドンカH1000 1:11.3 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
プリサイスエンド産駒の出遅れ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。