Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014/11/23 (日)
2014年5回東京6日目

■馬場コメント
 3日間開催だった先週の馬場差2000m対象の数値は土曜・日曜・月曜全てマイナス1秒2だった。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた前開催最終週の土曜終盤から日曜を除くと全てマイナス1秒台の数値。この開催に入ってからはマイナス1秒4からマイナス1秒2の間での推移で安定している。
 土曜日ダートは雨の影響が残って稍重。芝にしても良馬場とは言え、乾いたコンディションではなかったと思うが、Cコースに替わった事もあってマイナス1秒2。前半2週と比べれば若干水準方向に動いているとは言え、速い時計の出るレベルであることに変わりはなかった。今週も開催日に雨が降らなければ、同程度の数値になると見ている。連対馬の脚質・コース取りでは、芝で最初のレースである土曜3Rが、いきなり中団から外を通った馬で決着したが、3日間を通して見れば極端な偏りはなく、あえて言えば好位勢が多かったかなと思う。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラス0秒2、月曜がプラス0秒3だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きが良くなった前開催最終日を除けば、水準かそれに近いレベルで推移している。
 今開催に入ってからは水準か水準より少し時計の掛かるレベルで推移してきたが、土曜は木曜に降った雨の影響が残って馬場差はマイナス0秒3。なお、この日は稍重から良に変更されたが、馬場差については変動ではなく一定。日曜日は乾いて今開催のスタンダードの馬場差に戻った。そいて月曜になると、ほんのわずかだが日曜より時計が掛かって、前開催から通して見ても最も遅い馬場差になった。連対馬の脚質を見ると、中団からの差しも結構決まっていて、前2週よりは少し東京らしくなった感じがするが、後方からの占有率は依然低めとなっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/11/23 (日)  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1400 メイショウサワヤカ    牡2 未勝利・牝 1:23.2 -0.2 ± +0.6 -0.8 94   D B
3R T1800 キングイマデショウ    牡7 未勝利 1:50.4 +1.2 -1.1 +1.2 -1.1 88   S D
5R T1400 マーセラス    牡2 新馬 1:24.1 +0.5 -0.9 +0.4 -0.8 96   D D
9R T1600 ディアマイダーリン    牡5 赤松賞500 1:35.4 ±0 -0.6 +0.4 -1.0 96   D C
12R T1800 ロンギングゴールド    牡2 500万下 1:46.7 -1.0 ± +0.1 -1.1 99   C C

2014-11-23 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 アグスタ    牝2 未勝利 1:39.7 -0.1 ± -0.3 +0.2 103   C C
6R D1600 ノンコノユメ    牝4 新馬 1:40.3 +0.2 -0.5 -0.5 +0.7 105   B D
7R D1400 マイネオレンジ    牡3 500万下・牝 1:25.4 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   D D
8R D1600 ラジオデイズ    牝2 500万下 1:38.5 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   C D
10R D2100 ドラゴンピース    牡5 深秋特H1000 2:11.9 +0.6 -0.3 ±0 +0.6 100   C C
11R D1400 ジョヴァンニ    牡4 霜月SH 1:23.1 +0.3 ± +0.1 +0.2 99   C D

         

■ワンポイントアドバイス
世代別出走頭数
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。