Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/12/06 (土)
2014年4回中京1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。
 3回開催から4ヶ月間隔が開いていた。土曜は雪や雨が降ったが、速い時計が出るコンディションになった。芝・ダート合わせてSランクのレースが6鞍もあった点は阪神とは違って、こちらはスローの鞍が1鞍だけだった。その点については後ほどのコーナーで詳しく触れるが、いずれにしろ開幕週からかなり差しが決まっていた。ちなみに逃げ馬の連対も2鞍あった。4回中京は3週の開催で全てAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。
 金曜の正午時点で稍重発表で、土曜は雪や雨が降ったが、時計の出やすいレベルではなかった。かと言って時計が掛かったという訳でもないと言った感じだった。傾向を見ると中にはズバッと追い込みが決まるレースもあったが、基本的にはある程度前目に位置した馬の方が有利だった。中京特有の競馬で、先行馬もバテているが、後ろの馬もバテてると言ったイメージ。最後の坂が堪えてバッタリと止まってしまう馬も多くて、タフなコンディションだった事は言うまでもない。ゴール板で各馬の着差が広がりやすい点が特徴。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/12/06 (土)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 タイセイボニータ    牝2 未勝利 1:09.6 -1.2 ± -0.5 -0.7 105   B D
6R T1400 クラウンアイリス    牝3 500万下 1:21.5 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C C
9R T1600 カレンケカリーナ    牝4 500万下 1:34.6 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C D
11R T2000 ラストインパクト    牡4 金鯱賞G2 1:58.8 -1.1 ± ±0 -1.1 100   C B
12R T1200 エーシンエムディー    牝5 鳥羽特別1000 1:08.9 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C C

2014-12-06 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 バンペイユ    牡2 未勝利 1:56.3 +0.9 ± +1.0 -0.1 90   E C
2R D1200 ビリオネア    牝4 500万下・牝 1:12.0 -0.5 ± -0.4 -0.1 104   B C
3R D1400 アイアムナチュラル    牡3 500万下 1:25.8 +0.6 ± +0.7 -0.1 93   D D
5R D1800 ナムラショウリ    牡4 500万下 1:53.9 +0.3 ± +0.4 -0.1 96   D D
7R D1800 エアカミュゼ    牡3 500万下 1:53.5 -0.1 ± ±0 -0.1 100   C D
8R D1200 エルウェーオージャ    セ6 500万下 1:12.7 +0.2 ± +0.3 -0.1 97   D D
10R D1400 レンイングランド    牡2 寒椿賞500 1:25.9 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
中京競馬場の傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。