Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2014/12/14 (日)
2014年4回中京4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、開幕週と比べると先週はいくらか水準に近づいた。
 土曜はマイナス1秒0だったが、日曜は土曜と比較すれば若干時計が掛かってマイナス0秒8。日曜については4鞍がSランクで、タイム差を見るだけではどれ程時計の出るレベルかわかりづらい面もあるが、それでも速い時計が出るレベルであったと推測できる。脚質的な傾向は前回にも話した通り、開幕週に引き続き先週も基本的には差しが有利だった。ただ、ジョッキーがゆったり構えても間に合うという意識が強いせいか、中盤のラップが緩みすぎてこれがSランクが多いことにもつながっている。前が残る競馬も中にはあった。今週も波乱の目はこの辺りにあるかなと推測できる。あと、4回中京はトータル3週の開催で、最終週の今週も引き続きAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全て良馬場発表ではあるが、開幕週と比べると先週は時計が掛かっていた。
 タイム差だけを見るともっと時計が掛かっているような感じだが、これはメンバーの質が低かった事が要因となっている。ただ、先々週は土日とも水準レベルだったので、それよりはかなり遅くなっている点は要注意。時計の出方は開幕週と異なったが、脚質は基本的には開幕週と同じで、前に行った馬が有利だった。差して来るにしろ、おおむね4コーナーで5番手ぐらいまでに取り付かないと厳しかった。そして中京競馬にはよくあるケースだが、ゴール板の入線が縦長でバラバラになるレースが多かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/12/14 (日)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ルグランパントル    牡2 未勝利 1:39.9 +3.2 -0.7 +3.1 -0.6 69   S D
6R T2000 カルナヴァレスコ    牡2 新馬 2:12.6 +8.7 -2.1 +7.4 -0.8 26   S D
10R T1600 ブリクスト    牡2 こうやま500 1:38.2 +2.2 -0.4 +2.4 -0.6 76   S C
11R T2000 カムフィー    牡5 遠州灘特1000 2:01.9 +0.6 -0.4 +1.0 -0.8 90   S C
12R T1400 ベッラヴォーチェ    牝4 犬山特別500 1:22.1 -0.2 ± +0.4 -0.6 96   D C

2014-12-14 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 サージェントバッジ    牡2 未勝利 1:57.1 +1.7 ± +1.1 +0.6 89   E D
2R D1900 エルズミーア    牡3 500万下 2:01.3 +1.0 ± +0.4 +0.6 96 D D
3R D1200 プライムグローリー    牡3 500万下 1:12.9 +0.4 ± ±0 +0.4 100 C D
7R D1800 リターントゥジェム    牡3 500万下・若 1:55.5 +1.9 -0.8 +0.5 +1.4 95   D D
8R D1400 エドノプリンセス    牝3 500万下・牝 1:26.1 +0.9 ± +0.4 +0.5 96   D C
9R D1800 タニノタキシード    牡4 500万下 1:55.8 +2.2 -0.8 +0.8 +1.4 92   D D

         

■ワンポイントアドバイス
2週目より開幕週
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。