Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/12/20 (土)
2014年4回中京5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒8でスタートしてプラス1秒5から設定不能へと変動、日曜がプラス1秒6だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、4日目まではマイナスゾーンで速い時計の出るコンディションだったが、先週は雨の影 響で一気に時計が掛かった。
 土曜の朝の時点ではまだ雨だった訳ではなかった。週半ばの雪の影響が残って、それでも時計の掛かるレベルでスタートした。さらに土曜後半は雨が降って、終盤はかなり時計が掛かった。終盤の11R・12Rは補正が入っているように、スローペースだった事もあるが、設定不能でタイムランクは出していない。そして日曜は土曜終盤ほどではないものの、時計の掛かるコンディションだった。日曜は見た目にも馬場の悪化が顕著で、3分どころまでは空けて走る馬が多かった。脚質的には圧倒的に差し馬が有利だったが、大外一気と言うよりかはちょうど馬場の真ん中から6分あたりを差してくる馬の活躍が目立った。先週でひとまず中京開催終了したが、年明けは1月17日から早々に2週間の1回開催が始まる。短期間で今回のボコボコになった馬場の内側が、簡単に修復するとは思えないですし、開幕週から差し有利という考え方で良いと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は水準レベル、2週目はやや時計が掛かって先週土曜は水準レベルに戻った。そして日曜はマイナス0秒4で、この開催では最も時計の出やすいレベルだった。
 まずこの開催の推移について補足しておくと、雨の影響の有無にかかわらず、馬場差が大きく動いていない点は注意。例えば、阪神のダートなら先週は前半2週と比較して一気に高速化したが、中京は雨の影響が残った先週日曜にしても、あくまでこの開催では速かったという程度で、どちらかと言えば水準に近いレベルだった。
 先週の中での動きについて補足しておくと、土曜は終盤雨降ったが、ダートは変動になっていない。と言うのは土曜のダートは9Rが最後で、その後強く雨の影響を受けたため。そして日曜は土曜と比較すれば、いくらか時計が出やすくなった。なお、その日曜は馬場発表は不良から重に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。脚質的には2週目と比べると差しがやや決まっていた。ダート戦は土日合わせてどちらの週も12鞍行われたが、その内中団・後方からの連対は2頭増えた。比率としてはさほど大きな変化ではないかもしれないが、馬場が締まって結局各騎手が前が残るという意識が強くなった分、逆にペースが速めになった事が最大の要因だと思われる。実際ダートではそこそこラップが流れるレースが多くて、ペース補正を施したレースが1つもなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/12/20 (土)  芝=+0.8 → +1.5 → +100
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 スピリッツミノル    牡2 未勝利 2:04.5 +0.9 ± +0.1 +0.8 99   C C
6R T1400 タガノリバレンス    牡5 500万下 1:23.2 +0.9 ± +0.3 +0.6 97   D C
8R T2200 シークレットパス    牡3 500万下・若 2:17.0 +1.6 ± +0.5 +1.1 95   D D
10R T1400 ティーエスクライ    牝2 つわぶき500 1:23.9 +1.1 ± ±0 +1.1 100   C D
11R T2000 ディアデラマドレ    牝4 愛知杯HG3 2:04.4 +4.5 -0.4 -- --   - C
12R T1600 カフェブリリアント    牝4 中京日経1000 1:38.7 +3.8 -0.2 -- --   - D

2014-12-20 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ビレッジトプテム    牡2 未勝利 1:13.6 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
2R D1800 ショウリノウタゲ    牝4 500万下・牝 1:55.9 +2.3 ± +2.2 +0.1 78   E D
3R D1400 レッドロンメル    牡3 500万下 1:25.3 +0.1 ± ±0 +0.1 100   C D
5R D1800 マウントハレアカラ    牡2 新馬 1:57.8 +2.1 ± +2.0 +0.1 80   E D
7R D1200 デオヴォレンテ    牡5 500万下 1:13.1 +0.6 ± +0.5 +0.1 95 D D
9R D1800 エノラブエナ    牡3 500万下 1:53.8 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C D

         

■ワンポイントアドバイス
朝日杯FSの取り扱い
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。