Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2014/12/27 (土)
2014年4回中山7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。3週目は雨の影響を受け、5日目つまり土曜終盤から日曜にかけ、時計が掛かった。その他の3週はマイナス0秒9からマイナス0秒5の間での推移で、高速馬場と言える程ではないが、速めの時計が出るコンディションだった。
 土日とも良馬場で行われて、時計の出方としては開催2週目とほぼ同じだった。先々週の段階で外差しが結構決まっていたので、最終週となる先週は差しがバンバン決まるかと思われたが、天候に恵まれた事と馬場がさほど荒れなかった事もあって、案外前へ行く馬も粘っていた。関東は例年通り年明けは中山からスタートで、この年末年始は通常より1日間隔が開いているだけで、正に連続開催になる。1回開催は全てCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒7、1200m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておく。まず1800mは1週目がプラスの数値だったが、2週目・3週目はマイナスゾーンだった。ただ、先週はプラスゾーンに戻り、なおかつこの開催で最も時計の掛かるコンディションになった。1200mは土日ともにプラス0秒1ですから、水準レベルではあるが、この開催で初めてプラスの数値になり、こちらも先週が最も時計が掛かった事になる。
 金曜の正午の時点では稍重発表だったが、その後乾いて土日とも良馬場だった。この開催で土日とも良馬場だったのは先週が初めてですから、この点からも乾いて最も時計が掛かったものと思われる。年明けの開催も乾いていれば、時計の掛かるコンディションと見ておきたい。脚質的には土曜は逃げ馬が結構活躍したが、日曜になると先々週までのパターンと同様差し馬も台頭した。もちろんペース次第の面もあるが、基本的には差しが届く馬場と見て良いと思う。それは脚抜きが良くても悪くても同じ状況。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/12/27 (土)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 クラシコ    牡2 未勝利 1:35.5 -0.7 ± -0.2 -0.5 102   C C
6R T2000 マッサビエル    牡2 新馬 2:05.2 +1.7 -0.7 +1.6 -0.6 84 S C
9R T1200 レンイングランド    牡2 クリスマ 1:08.9 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D
10R T2200 マイネルディーン    牡5 グレイト1600 2:13.5 ±0 ± +0.7 -0.7 93   D C
12R T2000 ルミナスウォリアー    牡3 500万下 2:01.3 -0.3 ± +0.3 -0.6 97   C D

2014-12-27 (土)  ダ=+0.7 / 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 マコトカンパネッロ    牝2 未勝利 1:12.7 -0.3 ± -0.4 +0.1 104   B D
2R D1800 ノースランドボーイ    牡2 未勝利 1:56.9 +0.8 ± +0.1 +0.7 99   C D
3R D1200 コパノハリスン    牡2 新馬 1:14.1 +0.9 ± +0.8 +0.1 92   E D
7R D1200 ハタノヴォラーレ    牡2 500万下 1:12.5 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C C
8R D1800 リッカルド    セ3 1000万下 1:54.0 +0.8 ± +0.1 +0.7 99   C C
11R D1800 マスクトヒーロー    牡6 師走SH 1:52.8 +1.2 ± +0.5 +0.7 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
中山の芝
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。