Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/01/05 (月)
2015年1回京都2日目

■馬場コメント
 1週目の芝の馬場差2000m対象の数値は初日・2日目ともにマイナス1秒1だった。
 元日と2日に雪が降って3日正午の時点では稍重だったが、競馬は全て良馬場で行われた。芝に関しては雪が溶ける前にどかしてしまえば、あまり影響がなくて馬場差マイナス1秒1というのは、昨年の1回京都1週目とほぼ同じだった。昨年の秋に4週間Bコース・Cコースが使用された後のAコースで、内が圧倒的に有利というのもここ数年の1回京都1週目と同じ。1回京都は全てAコースが使用され、次の2回京都はBコースとなる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は初日がマイナス2秒4からマイナス1秒8へと変動、2日目はマイナス1秒5からマイナス1秒0へと変動した。2日ともに変動だった。元日と2日に雪が降った影響が残って、開催初日は重馬場でスタートし、その後ゆっくりと乾いて行った。馬場差は2日をかけてマイナス2秒4から1秒0へと変動。具体的には初日の1Rと2Rがマイナス2秒4、3Rと4Rがマイナス2秒3、7Rがマイナス2秒1で、8Rがマイナス2秒0、そして10Rがマイナス1秒8。2日目は1Rと2Rがマイナス1秒5、3Rと4Rがマイナス1秒4、7Rと8Rがマイナス1秒2で12Rがマイナス1秒0だった。超高速馬場だったと言える初日は差し切り勝ちが結構多くて、初日よりは時計の掛かる馬場だった2日目の勝ち馬は全て4コーナー3番手以内だった。2日目の方が全体的にタイムランクもメンバーランクも低くて、そのため単調なレースが多かったというのも事実だが、高速馬場のダートは特に先行有利という訳ではないというのは、何度も言っている通り。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/01/05 (月)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 サトノラーゼン    牡3 未勝利 2:01.1 -1.0 -0.7 -0.6 -1.1 106   B C
6R T1600 バトルクライス    牡3 新馬 1:35.9 +0.1 ± +1.0 -0.9 90   E C
9R T2000 ダイシンサンダー    牡4 北大路特1000 2:00.3 +0.5 -0.8 +0.8 -1.1 92   D C
10R T1400 リヴェレンテ    牡7 新春S1600 1:20.4 -0.4 ± +0.4 -0.8 96   D D
11R T3000 ステラウインド    牡6 万葉SH 3:08.5 +3.1 -1.2 +3.6 -1.7 64   S D

2015-01-05 (月)  ダ=-1.5 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ネイバルエンスン    牡3 未勝利 1:12.3 -0.7 ± +0.3 -1.0 97   D C
2R D1800 ヒデノインペリアル    牡3 未勝利 1:53.0 -1.3 ± +0.2 -1.5 98   C C
3R D1400 ピンストライプ    牡3 未勝利 1:25.0 -0.9 ± +0.2 -1.1 98   C C
4R D1800 マイネルオフィール    牡3 500万下 1:54.1 +0.7 -1.2 +0.9 -0.2 91   S C
7R D1800 フェリーチェレガロ    牝5 500万下・牝 1:52.6 ±0 ± +1.2 -1.2 88   E D
8R D1900 プリンスダム    牡4 500万下 1:59.0 -0.2 ± +1.1 -1.3 89   E D
12R D1400 メイショウオセアン    牡4 1000万下 1:23.3 -0.5 ± +0.3 -0.8 97   D C

         

■ワンポイントアドバイス
「6年連続」と「4年連続」
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。