Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/01/18 (日)
2015年1回中山7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒4だった。まずここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、先週は雨の影響が残ってこの開催2週目まで速めの時計が出るレベルだったのと比較すると、水準寄りになった。
 木曜日に降った雨の影響で土曜日は稍重でスタートした。9R以降は良馬場になったが、1日を通して馬場コンディションはほとんど変化していない。そのため馬場差は変動ではなく、1週目・2週目よりは時計の掛かる状態になった。日曜日は土曜よりは乾いていたが、1週目・2週目のレベルまでは戻らなかった。外を通っても不利という程でもないが、内側が傷んでいる訳ではないので、コースロスがある分外を回ると間に合わないというケースが多い。今週でCコース4週目となるが、重馬場にならなければ恐らく馬場差はマイナスのままだと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒7。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がプラス0秒1だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておく。1800mは全てプラスの数値で総じて時計が掛かっているが、先週土曜は水準レベルだった。一方1200mはこの開催4日目までは水準レベルだったが、5日目以降は安定しない。
 木曜に降った雨の影響で土曜は重馬場だった。砂煙が上がっていて、乾いているように見えたと思うが、ハローがけをして表面はさらさらしているという状態。重馬場だが、高速馬場というところまでは行かなかった。日曜は稍重だが、やはり表面はさらさらと乾いた状態で、特に1200mは良馬場だった1週目より時計が掛かっていたぐらいだった。決して先行有利とは言えない結果になっているが、日曜の1800mではバテる馬が多くて、上がりが掛かりその結果差しが届くというパターンが多かった。土曜の1200mで差しが決まっているが、こちらは走りやすい馬場で切れる差し馬が届いていたというパターン。この2つはちょっと意味が違うと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/01/18 (日)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ウィズレヴェランス    牡3 新馬 1:38.1 +1.7 -0.5 +1.5 -0.3 85   S C
10R T1800 ラングレー    牡4 初富士S1600 1:46.7 -0.5 ± -0.1 -0.4 101 C C
11R T2000 ベルーフ    牡3 京成杯G3 2:02.3 +0.8 -0.5 +0.7 -0.4 93   D C
12R T2200 キネオワールド    牡4 500万下 2:15.5 +0.6 -0.3 +0.7 -0.4 93   D D

2015-01-18 (日)  ダ=+0.7 / 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ジュエルアラモード    牝3 未勝利・牝 1:13.5 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D D
2R D1800 トーセンスパンキー    牡3 未勝利 1:57.0 +1.1 ± +0.4 +0.7 96   D D
3R D1200 タケルラグーン    牡3 未勝利 1:13.0 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
4R D1800 コスモアルマク    牡3 未勝利 1:57.6 +1.7 ± +1.0 +0.7 90   E C
6R D1200 ディアゴッホ    牡4 500万下 1:12.6 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
7R D1800 ロマンシングジェム    牝5 500万下・牝 1:56.6 +2.6 ± +1.9 +0.7 81   E D
8R D1200 テイクエイム    牡8 1000万下 1:11.5 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C C
9R D1800 サウンドトゥルー    セ5 初凪賞1000 1:53.4 +0.2 ± -0.5 +0.7 105 B C

         

■ワンポイントアドバイス
ダート短距離血統コマンズ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。